最高腕時計のショッピングNavigation

ウブロ伝統のデザインを現代的にアレンジ

Written on 11/24/2016   By   in 時計相場

「スケルトン=クラシック」という固定概念を破る、ウブロらしい斬新でスポーティな 「クラシック・フュージョン アエロフュージョン クロノグラフ チタニウム」が登場した。

文字盤とムーブメントの地板を、それぞれ機械加工でシンメトリックにスケルトン化したその顔は、現代的で精悍でスポーティ。時計愛好家はもちろん、誰が見ても新鮮なルックスで、機械式時計という複雑機械の魅力がそのままダイレクトに見た人の心を捉える。ビジネス、カジュアルを問わず好印象を与えること間違いなしだ。

レーシングカーとおなじ製法のカーボンを採用

Written on   By   in ショッピング情報

2012年、ウブロはゴールドの素材ながら驚異的な硬さをそなえた「マジックゴールド」を独自開発。フェラーリとのコラボモデルではじめて採用し、時計業界を驚かせた。2年目に入った今年は、あらたにコラボモデル3作を発表。その中でも最大の話題作がこの「ビッグ・バン フェラーリ レッドマジック カーボン」だ。

金属素材では難しい軽量化と強度化の両立が図られたカーボンファイバー製ケースは、自社内で設計、開発及び製造がおこなわれ、シート状のカーボンファイバーを何枚も重ねプレスし、オートクレープ(釜)に入れ焼成させるという、レーシングカーのモノコックボディと共通した素材を採用している。

時計の“エンジン”であるクロノグラフムーブメントは、独自の水平クラッチやシリシウム製脱進機を搭載し、フライバック機能をもそなえる自社製の「UNICO(ウニコ)」を採用。

外観は、後からの着色ではなく素材の製造段階から少量の物質を添加し色を与えた、レッドカラーのサファイアクリスタル風防をはじめ、ケース裏から見えるようにデザインされたフェラーリのホイールをモチーフにした自動巻きローターなど、フェラーリファンを楽しませる要素が随所にちりばめてある。

日本の季節の美しさを湛え、花見、月見、雪見を表現

Written on 11/23/2016   By   in ショッピング情報

一度も休眠状態になることなく世界最古の時計マニュファクチュールとして知られるヴァシュロン・コンスタンタン。そんな手仕事の大切さ、歴史の重みを知るメゾンが手がけるのが“美術工芸”という意味をもつ「メティエ・ダール」だ。これまでにもヨーロッパの伝統工芸のエナメル細工やジュエリーをもちいたウォッチなど、時計と工芸というふたつの伝統の技が融合したアーティスティックなコレクションで知られている。

そのなかのひとつ「ラ・サンボリック・デ・ラック」は、日本を代表する工芸、蒔絵を用い、1661年創業の京都の老舗象彦とのコラボレーションを実現。3モデル1セットとして毎年20セット限定で登場し、今年のモデルが3年目にして最後の年となる。

今回のテーマは、日本の季節の美しさを湛えた「雪月花」。たとえば、春を描いた「花見」では表に満開の桜、反対側には静謐な新緑の柳が繊細に描かれるなど、それぞれの時計で花見、月見、雪見を表現し、季節の移り変わりから、自然のはかなさ、たおやかさを愛でるという日本人の心に宿る美が具現化された。

時計には、職人の手により完成までに9ヵ月以上を必要とするという蒔絵がほどこされた2枚の文字盤に包まれるようにして、ヴァシュロン・コンスタンタンの自社製ムーブメント「キャリバー1003SQ」のスケルトン仕様が美しく時を刻んでゆく。

ボルトのシューズとおなじゴールドの素材をストラップに採用

Written on   By   in 時計相場

100メートル走で当時の世界新記録9秒69をたたき出し、世界中を驚かせた北京オリンピックから4年。100メートル、200メートル、4×100メートルリレーのディフェンディングチャンピオンとして、活躍の期待が高まるウサイン・ボルトをイメージした時計がウブロから登場した。

2010年からウブロのアンバサダーを務めるボルト。「キング・パワー ウサイン・ボルト」は、彼にとって大切なものすべてを融合させたモデルで、なかでもゴールドのストラップは、ウブロのシンボルであるラバーに、ボルトのシューズとおなじゴールドの合成皮革を組み合わせ、付け心地の良さ、耐久性、そして柔軟性をも兼ね備えている。

さらに、9時の位置のスモールセコンドには、おなじみのポーズのイラストがグレーでしるされた。また、レース前の最終準備のカウントダウンに役立つクロノグラフムーブメントを搭載し、6時の位置の12時間積算計にはボルトが愛する祖国、ジャマイカの国旗をイメージしたグリーンのアクセントも。

ファサードのように美しい反射を生み出すブレスレットウォッチ

Written on   By   in ショッピング情報

アートから携帯電話などのプロダクトデザインまで、デザインの領域を超える作品を作りつづけ、世界的に活躍している吉岡徳仁氏。多くの有名ブランドや世界的企業とコラボレーションしているほか、近年では、スワロフスキーとタッグを組み、世界中のストアのコンセプトデザインも手がけている。

そんな彼がデザインし、発売が待たれていたのがスペシャルモデル「Lake of Shimmer-AVANT Time Nº 3 」。特徴はなんといっても12面にカットした一塊のクリスタルのみでつくられた文字盤だ。そのまばゆく輝く12のファセットで時を刻んでゆく。

また、美しい反射を生み出すステンレススチール製の小さなヘキサゴンパネルのブレスレットは、2009年のバーゼルワールドのスワロフスキーブースのファサードから着想されたもの。無数の小さなミラーにより、風に揺れ動くようなきらめきをもたらしたファサードは、湖の表面に美しい波紋を広げるような情緒豊かな輝きを生み出した。

斬新な発想から生まれる「時計のF1」

Written on 11/22/2016   By   in ショッピング情報

前回の全仏オープンで、約20グラムのトゥールビヨン「リシャール・ミル」をつけたまま戦いぬき、見事世界ランキング1位を獲得したスーパーテニスプレイヤー、ラファエル・ナダル。そんなエピソードも輝かしい「リシャール・ミル」が期間限定でエストネーションに登場する。

今回の「リシャール・ミル イン エストネーション」での目玉は、チタン地板を極限までスケルトン仕上げしたオートマチックウォッチ「RM010」のジャパン社設立記念限定モデル「RM010DLC Japan Limited」。

チタンケースにDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングをほどこし、ダイヤルインデックスにトゥールビヨンとおなじタイプを採用した、日本限定10点の希少モデル。そのうちの1本が登場する。