最高腕時計のショッピングNavigation

ジェンリが見ている時計はどこですか?

Written on 11/19/2019   By   in 時計相場

車のように、時計はそれを維持し、私たちの生活と仕事を促進するために定期的なメンテナンスが必要です。 ファーストクラスとして、Zenithは高価であり、もちろん適切に保守する必要があります。 今日、Xiaobianは、時計とメンテナンスサービスのアドレスを処理する場所について説明します。

時計のメンテナンスが必要な場合は、公式のアフターストアに行くことを選択できます。 世界中の消費者により便利なアフターサービスを提供するために、ゼニスの時計は世界中で公式に認可された店舗を持っています。基本的にそれらはすべて北と奥にあります。 あなたの街には公式のオフラインストアはありません。もしあれば、メンテナンスのために公式ストアを検討することができます。

時計の包括的な専門的なメンテナンスを実行する場合は、メンテナンスのために時計を専門の時計修理センターに送ることもできます。 チェーンウォッチのメンテナンスセンターの中には、より信頼性の高いものがあります。 これらの専門の時計メンテナンスセンターには通常、メンテナンスアイテムの完全なセットがあり、個別のメンテナンスアイテムも利用できます。

ティソの時計メンテナンスの基本的な知識と方法

Written on   By   in 時計相場

ダストがムーブメントに侵入して通常の作業に影響を与えないように、バックカバーを自由に開けないでください。 2、時計の時計のオイルの劣化を防ぐために、防虫剤でクローゼットにティソ時計を入れないでください。 3.磁化を避けるために、ラジオやテレビの時計にチェックを入れないでください。 4、時計が濡れている場合は、塩化カルシウムの小片を取り、それらを一緒に入れて密封し、通常3時間表示されます。 ティソ時計は通常に戻ります。 水分が多いテーブルでは、水分吸収時間を適切に延長できます。 5.ティソ時計の時計を修理する必要がある場合、時計には多くの線が表示されます。 時計に1〜2滴の水を落とすことができます。 これにより、時計が刷新されます。 ティソの時計のメンテナンス手順については、まだまだたくさんありますが、私はあなたにはあまり向いていないかもしれません。 これらの大きなWebサイトが役立ちます。

グラスヒュッテオリジナルSeaQウォッチ-経験者

Written on   By   in ショッピング情報

各時計は、DIN 8306およびISO 6425の二重基準を満たすために、時計メーカーによって個別にテストおよび分析され、各機能コンポーネントの安定性と耐久性が最終的に保証されます。 その過程で、各SeaQウォッチは次のテストを受けました:防水性能、高圧および低圧条件下での気密性、耐震性および海水腐食に対する耐性。

SeaQを40〜45℃の環境で30分間加熱し、湿った寒冷フェルトで覆います。 時計に湿気があると、時計の内面に結露が生じます。 結露がない場合、時計が関連する基準を満たし、テスト段階に入ることができることを意味します。

SeaQは最初に-0.2 barの低圧下に置かれました。 これは、高山や飛行機など、非常に高い高度での時計の使用を模倣するためです。 次に、時計は125%の高圧条件の下に置かれます(深層水をシミュレート)。 つまり、時計の耐水性が20 barの場合、時計を25 barに配置し、時計が30 barの場合、時計を37.5 barに配置します。

大阪の2店舗でリミテッドウオッチをリリース

Written on 11/18/2019   By   in ショッピング情報

Knot 梅田ギャラリーショップのオープンを記念し、同店と心斎橋店の2店舗では本数限定のアニバーサリーウオッチを発売。「梅田ギャラリーショップ オープニング記念 大阪限定モデル」は、定番人気のクラシックシリーズ スモールセコンドをベースに、大阪のシンボルである大阪城の荘厳な装飾をイメージしたデザインと、特別感のあるゴールドカラーを取り入れた。裏蓋には大阪城とシリアルナンバーを刻印。ストラップには木本皮革工業所製(MUSUBUパートナー)のセミグレインレザーがセットされている。

大阪の新スポット「リンクス梅田」に国産カスタマイズ時計の「Knot」が出店

Written on   By   in 時計相場

品質とデザインに優れる信頼の“メイド・イン・ジャパン”のリストウェアーを、1万円台からカスタムオーダーできるのがKnotのオリジナリティであり、創設以来ヒットを続けている理由だ。これまで関西エリアには、ゆったりとした空間でKnotのエンターテイメント性を楽しめる路面店の「心斎橋ギャラリーショップ」と「神戸ギャラリーショップ」があり、今回の「梅田ギャラリーショップ」のオープンで同地域は3店舗展開となる。
梅田ギャラリーショップはリンクス梅田内ということで、関西にあるほかの2店舗とは異なる内装デザインを採用。時計を気軽に試着できるセンターテーブルを、エントランスにある柱を抱き込む形にして回遊性を高めたという。店内奥には京都の昇苑くみひもなど、Knotのものづくりを支える「MUSUBUパートナー」を紹介するコーナーも展示している。

タフに使える機械式時計といえばボール ウォッチ

Written on   By   in ショッピング情報

レプリカ時計ロングセラーシリーズとして君臨する「エンジニア ハイドロカーボン」は、ボール ウォッチが開発・研究したテクノロジーを駆使したフラッグシップコレクション。耐久性の高い強靭なケースに、極めて先進的な技術やデザインを採用してハイレベルな耐衝撃性・耐磁性・防水性・視認性を実現してきた。

発表された「エンジニア ハイドロカーボン オリジナル」は、シリーズ誕生15周年を祝う記念碑的モデル。まず注目なのが、2層式になっている文字盤で、下層に自発光マイクロ・ガスライトを組み込み、上層はインデックス部に穴をあけてサンドイッチのように重ねている。これによって文字盤上のマイクロ・ガスライトの形状が自由になり、本作のようにドットやトライアングルのインデックスが可能となった。

さらにマイクロ・ガスライトの位置が奥まったことで、視認性が向上。ブラッシュ加工を施したブラック文字盤との対比も美しいものとなっている。なおマイクロ・ガスライトは、インデックスに12個、時・分・秒針と合わせて計15個を装備しており、水中や夜間でも時刻をはっきりと確認できる。