最高腕時計のショッピングNavigation

TOM’Sロゴや20周年を祝う特別ディテールを散りばめる

Written on 02/04/2021   By   in 時計相場

2年ぶりのTOM’Sコラボモデルとなる本機は、レース時のタイムスケジュール管理にも役立つスケジュールタイマー機能を備えるECB-10をベースとしている。ステンレススチールケースはブラックに仕上げ、特徴的な8角形ベゼルにはブラックIP加工をして漆黒のボディを創出。モータースポーツに欠かせない素材のカーボンファイバーを使ったダイアルには、センターの時分針のほかにデジタル表示2つと、TOM’Sを象徴する夕暮れの赤富士をイメージしたカラーで彩ったインダイアルを備える。ちなみに、TOM’Sの主要な開発機関は富士山を臨む富士スピードウェイ周辺に点在しており、ロゴの色はこれをヒントとしたグラデーションが採用されている。

エディフィスにとってTOM’Sは最良のパートナー

Written on   By   in ショッピング情報

2000年に登場したエディフィスは当初、北米と欧州市場に投入され、その洗練されたデザインと機能性を高く評価されたことを受けて逆輸入のような形で日本でも展開が始まった。カシオとしてはG-SHOCK、プロトレック(PRO TREK)、オシアナス(OCEANUS)に続く第4の柱となったエディフィスのコンセプトは、スピード&インテリジェンスであり、親和性の高いモータースポーツの世界観を表現している。

そんなエディフィスがブランドイメージにぴったりなパートナーとして選んだのが、1974年の創設以来、国内のモータースポーツ界で数々の栄光を打ち立ててきたTOM’S。昨年も全日本スーパーフォーミュラ選手権で年間ドライバーズタイトルを獲得し、Super GTではGT500クラスで年間チャンピオンに輝くなど、各レースカテゴリーで存在感を発揮している名門。エディフィスはTOM’Sと2013年からパートナーシップを結び、その活動をサポートしているのだ。

医療従事者の活躍を称えるレインボーカラーで彩った限定バージョン

Written on 02/02/2021   By   in 時計相場

2020年発売のニューモデルとして4月に初公開された「スーパーオーシャン ヘリテージ ’57」。そのなかでもひと際印象的だったのが、レインボー色の針とインデックスを備える限定仕様「スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 リミテッド エディション」だった。今回は本機に、新型コロナウイルスに対処する医療従事者たちへの敬意と、チャリティープロジェクトを目的とするセカンドエディションが誕生した。

収益の一部が、ヨーロッパやアメリカ、日本のCOVID-19と対峙する医療団体への支援金にまわされる新バリエーションは、ファーストエディションと同じく希望とオプティミズムのシンボル=レインボーにインスパイアされたデザインをそのままに、落ち着いたブルーのサンレイダイアルとセラミックベゼルを採用。さらにカジュアルさを強調した、夏に着けたくなる外観にまとめられている。

新発売の「Approach S62」から既存のガーミンペイ対応モデルまで

Written on   By   in ショッピング情報

その登録もチャージも、ユーザビリティを追求して簡略化されている。Google Payのアカウントを作成し、普段使っているクレジットカードなどの情報を登録。その後、スマートフォンアプリ「Garmin Connect Mobile」のGarmin Payからスイカを選び、紐づけるといった流れ。

チャージする金額はGoogle Payに登録したクレジットカードから引き落とされる仕組みになっており、残金不足の場合もGarmin Connect Mobile上でチャージできる。わざわざ改札の券売機でデポジット入金する手間が省ける。

残高表示はもちろんのこと利用履歴も確認可能で、鉄道だけでなくコンビニなどで支払ったぶんの金額も表示される。そのほかにも払い戻し(手数料200円)ができ、JR東日本が提供する「タッチでGo!新幹線」や「新幹線eチケットサービス」、JR東海の「スマートEX」にも対応するなど、在来線や新幹線の利用者にとって利便性の高い機能となっている。

ORIS × MOMOTAROの特別コラボが実現

Written on 01/28/2021   By   in 時計相場

「オリス×桃太郎 特別モデル」Ref.733 7707 4337 25万7400円/自動巻き(Cal.Oris733)、毎時2万8800振動、38時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(一部ブロンズ)。桃太郎ジーンズ製インディゴデニムストラップ。直径40mm。10気圧防水
日本の独立デニムブランド「桃太郎ジーンズ」とのコラボレーションウオッチ。ストラップと付属のデニムトラベルポーチが、こだわりの桃太郎ジーンズ製だ。ダイバーズルックなスポーツテイストとグリーンのグラデーション文字盤が、ワンランク上のカジュアルコーデを演出してくれる。回転ベゼルのグリップ部にブロンズを用い、経年変化を楽しむ趣向も取り入れた。

品質にこだわり続ける国産デニムブランドと提携

Written on   By   in ショッピング情報

海洋保全活動やブロンズなど素材面の挑戦、グラデーション文字盤やヴィンテージテイストといったトレンド感など、このところのオリスは多彩な展開を見せ、時計ファンからも支持を集めている。そういったことから新作発表が楽しみなブランドのひとつだが、今年は異業種とのコラボレーションを果たした。しかも相手は日本のデニムブランド「桃太郎ジーンズ」。日本人として見逃せない逸品だ!!