最高腕時計のショッピングNavigation

カテゴリー: ショッピング情報

GS規格が行われるのはチリやホコリをシャットアウトしたクリーンルーム工房

ムーブメントや文字盤などをケースに組み付ける過程「ケーシング」の前に検査は実施され、20人にも及ぶ熟練の技術者によって繊細かつ厳密に行われます。

現在グランドセイコーのメカニカルシリーズは全てGS規格をクリアしたモノだけが市場に並ぶようになっており、初期不良が100%なし、という驚異的な品質を保っています。

品質にかけては他の追随を許さない日本企業・グランドセイコー。

その根底にはGS規格による厳しすぎる品質管理があることは間違いありません。

03/04/2021     0 Comments

カモメはスイスETA2824ムーブメントをコピーします

このムーブメントは、国内のショッピングモールで常に優れていました。9015マシンが国内のショッピングモールに完全に入る前は、2824ムーブメントは、常にダザン西部の主要なムーブメントでした。 現在の2824マシンの主流スタイル:オメガバタフライフライング、海馬300M、カルティエブルーバルーン、サントス;エンペラーキャメル、リトルレッドフラワー、リトルオーキッド、リトルブラックフラワー、リトルカッパーフラワー、チタンポテト、レンジャー; AP15703(v7バージョン) 、など。クラシックな3本針モデルのシリーズ。

02/26/2021     0 Comments

母の日の良い贈り物は何ですか? ローマーウォッチシリーズのおすすめ

Medeaシリーズは、星がちりばめられたまばゆいばかりの目盛りと6時位置の小さな秒のようなガムパターンのベゼルで装飾された卓越したマザーオブパールの文字盤を採用しています。一見すると、柔らかく独特の気質を感じることができます。ゴールドメッキとローズゴールドメッキのケース、すべて無垢のステンレススチールボディ、鉛を洗い流し、ヨーロッパの伝統的な魅力を示しています。職場でのビジネスでも、優れたハウスキーピングでも、エレガントな生活の質と無限を示しています。洗練の追求。

02/22/2021     0 Comments

エディフィスにとってTOM’Sは最良のパートナー

2000年に登場したエディフィスは当初、北米と欧州市場に投入され、その洗練されたデザインと機能性を高く評価されたことを受けて逆輸入のような形で日本でも展開が始まった。カシオとしてはG-SHOCK、プロトレック(PRO TREK)、オシアナス(OCEANUS)に続く第4の柱となったエディフィスのコンセプトは、スピード&インテリジェンスであり、親和性の高いモータースポーツの世界観を表現している。

そんなエディフィスがブランドイメージにぴったりなパートナーとして選んだのが、1974年の創設以来、国内のモータースポーツ界で数々の栄光を打ち立ててきたTOM’S。昨年も全日本スーパーフォーミュラ選手権で年間ドライバーズタイトルを獲得し、Super GTではGT500クラスで年間チャンピオンに輝くなど、各レースカテゴリーで存在感を発揮している名門。エディフィスはTOM’Sと2013年からパートナーシップを結び、その活動をサポートしているのだ。

02/04/2021     0 Comments

新発売の「Approach S62」から既存のガーミンペイ対応モデルまで

その登録もチャージも、ユーザビリティを追求して簡略化されている。Google Payのアカウントを作成し、普段使っているクレジットカードなどの情報を登録。その後、スマートフォンアプリ「Garmin Connect Mobile」のGarmin Payからスイカを選び、紐づけるといった流れ。

チャージする金額はGoogle Payに登録したクレジットカードから引き落とされる仕組みになっており、残金不足の場合もGarmin Connect Mobile上でチャージできる。わざわざ改札の券売機でデポジット入金する手間が省ける。

残高表示はもちろんのこと利用履歴も確認可能で、鉄道だけでなくコンビニなどで支払ったぶんの金額も表示される。そのほかにも払い戻し(手数料200円)ができ、JR東日本が提供する「タッチでGo!新幹線」や「新幹線eチケットサービス」、JR東海の「スマートEX」にも対応するなど、在来線や新幹線の利用者にとって利便性の高い機能となっている。

02/02/2021     0 Comments

品質にこだわり続ける国産デニムブランドと提携

海洋保全活動やブロンズなど素材面の挑戦、グラデーション文字盤やヴィンテージテイストといったトレンド感など、このところのオリスは多彩な展開を見せ、時計ファンからも支持を集めている。そういったことから新作発表が楽しみなブランドのひとつだが、今年は異業種とのコラボレーションを果たした。しかも相手は日本のデニムブランド「桃太郎ジーンズ」。日本人として見逃せない逸品だ!!

01/28/2021     0 Comments