最高腕時計のショッピングNavigation

手の届く本格派ファッションブランドウオッチとして新生

Written on 12/10/2019   By   in ショッピング情報

「ザ マーク ジェイコブス」は、2019年プレフォールコレクションからスタートしたマーク ジェイコブスの新ライン。「手の届く価格帯でファッショナブルなアイテムを」という、創業者マーク ジェイコブスの熱い想いから生まれたということで、自身も積極的に企画に携わっているという。ウェアやバッグ、ジュエリーなどと並んで本腰を入れているのがウオッチで、その証拠にメジャーブランドの時計製造を請け負っているベッドロック社を新たなパートナーとして選んだ。

「ベッドロック社とのパートナーシップにより、ザ マーク ジェイコブスの時計をご紹介することを楽しみにしています」と語ったジェイコブスの言葉から察するに、デザイナーとしての理想を満足のいくレベルで実現しているのだろう。また、ベッドロック社の創設者トム・カーソータスは、「私たちがマーク ジェイコブスと作り出した作品は、市場が探し求めていた“興奮”を提供することでしょう」と話し、自信のほどをうかがわせている。

まずは5つのコレクションが発表されたザ マーク ジェイコブスのウオッチは、いずれもブランドを象徴する豊かなカラーパレットを生かしたもの。時計本体のクオリティアップに合わせて、レザーストラップやブレスレットも磨きをかけ、機能的かつファッショナブルなモデルに仕上げられている。