最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2019年12月12日

サビに強く、美しい光沢をキープする高級ステンレスを初採用

耐衝撃性と耐磁性に優れる実用的な機械式時計であるボール ウォッチの「エンジニア」において、「エンジニア Ⅲ」は最新鋭のテクノロジーが導入される先進的なコレクションです。丸みを帯びた流線型フォルムを特徴とし、スポーツモデルながらドレス系ウオッチに通じるエレガントさも兼ね備えているのが特徴です。

ちなみに「オハイオ」という名称は、ボール ウォッチ創業者のウェブスター・クレイ・ボールが、正確な鉄道時計を構築した地、クリーブランドがある米国の州のことです。すなわち、同社哲学=“あらゆる過酷な環境下で正確に時を告げる”を具現化した腕時計であることを意味しているのです。

新たに発表された「エンジニアⅢ オハイオ」は、エンジニア Ⅲのシンプルかつ実用的なスペックを踏襲しつつ、外装マテリアルにボール ウォッチでは初めて「904Lステンレススチール」を採用しています。この素材は、他のステンレススチールよりもクロム、モリブデン、ニッケル、銅の含有量を高くしており、一般的に使われている「304」や高級時計の多くが外装に使用している「316L」を大きく上回る性能を備えています。

「904L」の最大の特徴は腐食やサビ、酸に対して優れた耐性を持っていることです。そのため化学産業や医療器具、自動車部品、海洋分野のコンポーネントなどに使われています。腕時計に限らず、ステンレス製品の弱点のひとつが、腐食であることはご存知でしょう。例えば海水に浸けたときはもちろん、直接触れなくても海辺で着用しているだけでも付着してしまう海塩粒子のほか、ヒトの汗や皮脂汚れでもステンレスの腐食は始まります。サビは見た目を損なうだけではなく、肌荒れの原因にもなって、腕時計の場合はやがてケース内部に広まってしまい故障の引き金にもなるものです。

つまり「エンジニアⅢ オハイオ」が外装パーツに使っている「904Lステンレススチール」は、まさに腕時計にとって“理想的なマテリアル”なのです。また、経年耐性が優秀で、磨くほどに美しい光沢を保つ特性も持っています。

高機能なステンレスである「904L」は、あのメジャーブランドも使っている素材です。そのことからも高級さが想像できますが、ボール ウォッチはお手頃な価格設定をしていると言えるでしょう。コストパフォーマンスに定評のある同社らしい、ユーザー想いなスペックとプライスにはいつも驚かされます。
問:日本スーパーコピー時計店舗、ウブロコピー等N級時計、Super時計おすすめ!

12/12/2019     0 Comments

ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ・デュアルタイム

GMT針がホームタイムを12時間表示し、その昼夜表示を9時位置に配した、世界を旅するトラベラーのためのオーヴァーシーズ。いかなる土地に出向いたとしても不安のない、15気圧の防水性能も備えた本格派のスポーツウオッチだ。写真のブレスレットのほか、交換用のアリゲーターとラバーのストラップが付属する。ケースはSS製で直径41mm、厚さは12.8mm。自動巻き
男はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない──いろいろな訳がありますが、これはある日本映画のキャッチコピーとして使われ一挙に広がったものです。しかしもともとは作家レイモンド・チャンドラーが書いた小説『プレイバック』の、私立探偵フィリップ・マーロウの名台詞。紳士のたしなみを象徴するようなことではないでしょうか。この小説が書かれたのは、1958年ですが、いまでも通用するものです。いや、殺伐としたことも多いいまだからこそ、大いに謳いたい言葉ではないでしょうか。

時計の場合もこれと同じことがいえるかもしれません。1755年創立、ジュネーブを代表するブランド「ヴァシュロン・コンスタンタン」。「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」は、タフな実用性と、使い手にとって優しい操作性が両立した一本です。

モデル名の「デュアルタイム」からも容易に想像できるように、2つのタイムゾーンが同時に読み取れる仕組みで、その設定も簡単。世界中と飛び回るジェットセッター=現代の紳士に最適なモデルだと断言できます。

しかも15気圧の防水性能を備えたケースで、同ブランドのシンボルであるマルタ十字を思わせるベゼルの形状が精悍な印象を与えてくれます。白い文字盤とSSのブレスレットというシンプルなデザインは、タフで優しい男、マーロウに似合うと思うのは、私だけでしょうか。
問:日本スーパーコピー時計店舗、ウブロコピー等N級時計、Super時計おすすめ!

    0 Comments

2万ポンドを獲得するまでの長い道のり

頻発する海難事故に業を煮やした英国議会は、「60日の航海で、2分以内の誤差で経度を測定できれば2万ポンドを支払う」という法律を1714年に制定しました。現在の価値で5000億円にも相当する懸賞金を前に、空前の天文観測ブームが巻き起ったのです。

ですが、結局その2万ポンドを手にしたのは、偉大な天文学者でも時計職人でもなく、意外にも独学で時計作りを学んだ大工の息子、ジョン・ハリソンだったのです。

ハリソンが大工仕事の合間に作る時計は性能がいいことで近所の評判を呼び、ほどなく時計の仕事だけで生計を立てられるようになっていきました。シリンダー脱進機を実用化したジョージ・グラハムの援助を受けて、1728年から7年かけて完成した「H1」は、実際の航海実験で惜しくも基準をクリアできませんでしたが、研究を続けるための援助を取り付けるには十分な性能でした。

そしてハリソンは18年かけて「H2」と「H3」を製作し、さらなる完成度の向上を目指して1759年に「H4」を完成しました。これは60日間の洋上試験で、わずか5秒の遅れという記録的な成果を発揮したのです。

当時、実力者たちの妨害もあって再試験も行われましたが、誤差39秒の好成績を叩き出すことに成功しました。しかしながら賞金はすぐに支払われず、嘆願書を読んだ国王の忠告によって天文台での精度検査が実施され、ハリソンは1773年にようやく賞金の全額を獲得したということです。

ハリソンが一生を捧げた「H4」は、公式的に複製され、あの著名なクック船長も愛用したといいます。その発明は航海の安全性を飛躍的に高め、人類の海洋探検史に大きく貢献したのです。
問:日本スーパーコピー時計店舗、ウブロコピー等N級時計、Super時計おすすめ!

    0 Comments