最高腕時計のショッピングNavigation

日: 2019年11月27日

ニックフォックス、パテックフィリップジュネーブの独立時計師の本を執筆

Nicholas Foulkesは20冊以上の本を執筆していますが、最も有名なものは間違いなく、19世紀の歴史を示す彼の3部作です:Scandalous Society:Passion and Celebrity in the 19th Century;ウォータールーの戦いの社会史、そして紳士とブラックガード:ギャンブルマニアと1844年のダービーを盗むための陰謀。ニックはまた、Country Lifeマガジンのコラムニスト、Financial TimesのHow To Spend Itマガジンの寄稿編集者、Vanity Fairマガジンの寄稿編集者、British GQマガジンのブティック編集者、Patek Philippe International Magazineの寄稿コンサルタントです。彼は、Vanity FairマガジンのアートセクションであるVanity Fair On Artの創立編集者でもあり、多くのジャーナルのアート記事を執筆しています。 2009年に、彼はノーマンメーラーセンターのディレクターになりました。ニックはオックスフォード大学ハートフォードカレッジを卒業し、現在は妻と2人の息子と一緒にロンドンに住んでいますが、子供の頃からの高級時計に対するニックの愛に同意しています。

時計と時計の前例のない歴史的な伝記、パテックフィリップ:The Authored Biographyを書くために、ニックは会社を経営しているスタイン家、パテックフィリップで働いた、または現在働いている従業員と時計職人にインタビューしました;同時に、彼はパテックフィリップのアーカイブを深く掘り下げ、長年にわたって封印された多くの文書をめくると、この時計製造ワークショップのユニークな歴史を真に示すことができます。著名な歴史家、伝記作家、ファッションエディターは、パテックフィリップの歴史を、ブランドの創設者であるポーランド人役員のアンソニーパテックの初期にまでさかのぼります。当時、若い騎兵大佐は蜂起に参加し、失敗に終わった。追放されてジュネーブに住むことから、才能ある時計職人ジャン・アドリアン・フィリップとの出会いまで、1932年にスターン家族が到着するまで、4世代の家族はブランドを継承し、前進させました… …彼の本の中で、ニックはスイスの時計製造の伝説になったパテックフィリップの物語を詳述しています。彼はパテックフィリップの歴史の多くの時計の傑作を鮮やかでユーモラスなトーンで説明すると同時に、パテックフィリップの素晴らしい歴史を作った並外れた天才を鮮やかに描いています。

11/27/2019     0 Comments

ブランパンサブマーシブル「マインドザオーシャン」2016年新作限定ウォッチ

最近、新しいブランパン「マインド・ザ・オーシャン」限定版ウォッチ深海潜水バチスカーフフライバッククロノグラフ「マインド・ザ・オーシャン」2016年新限定版は、オーストラリアでリリースセレモニーを開催しました。 ブランパングローバルヴァイスプレジデント兼マーケティングディレクターのアランデラムラズとブランドの親友、海洋生物学者、有名な水中写真家のローラン・バレスタがイベントを共催し、すべてのメディアの代表者がヨットに乗りシドニーを楽しむ 美しい湾の景色。 記者会見の後、ゲストはシドニーハーバーナイトクルーズに参加し、夕食と軽食を共有しました。 デッキでは、カクテルバーにライブDJディスクがミックスされ、人々を酔わせ、ドローンは空から貴重な写真を撮ります。

    0 Comments

コペルフスがグランドソネリーを発売

複雑な時計の歴史を愛するすべての時計職人にとって、多くの場合、自動発音は人生の頂点です。 大きな自鳴は間違いなく最大の時計の合併症の一つです。 ロバートとステファンのコラボレーションの初期から、この2人はこの複雑な機能の王様を近代化する方法を考えてきました。 11年間、彼らは研究開発に専念しました。 彼らは、特にムーブメント、外観部品、音響システムの完璧な調和を確保するために、時計の935個の部品を組み立てるために懸命に働きました。

この時計は、職人の技と時計製造の卓越性を表しています。 この大きな自動鳴る時計は、強力な音響特性を備えています。 人間工学に基づいたデザインは、着用者に最大限の利便性を提供します。 この時計には、「大きな自動発音」モードで20時間以上のパワーリザーブがあります。 この時計には、サイレントタイムキーピングデバイスが装備されており、クーパーファスケースの標準サイズ制限に準拠しながら、24秒のトゥールビヨンデバイスが取り付けられています。

    0 Comments