最高腕時計のショッピングNavigation

時計業界がFIYAの第3四半期の売上高を前年同期比で16.10%増加させた

Written on 05/06/2019   By   in ショッピング情報

FIYTA(000026.SZ)は第3四半期の決算報告を発表しました。データによると、第3四半期の営業利益は8億7600万元、前年同期比16.10%増、上場会社の株主に帰属する当期純利益は498億3900万元(同3.86%増)となった。また、上半期の総売上高は24億7500万元で、前年同期比10.81%の増加となりました。

スイス時計スーパーコピー時計産業連盟の統計によると、今年の2月以降、スイス時計の輸出量は着実に増加しており、1月から9月までの中国本土の輸入量は、 106.8億スイスフラン(約72.06億人民元)、17.2%の増加。

時計業界が回復している間に、Apple Watchesの出荷も増加しています。市場調査会社Asymcoは最近、Appleが過去1年間で1500万台のApple Watchesを販売し、その総売上高は3300万台であるという調査報告を発表しました。 Apple Watchに代表されるスマートウォッチの登場は、伝統的な時計業界に大きな影響をもたらしましたが、両方とも同時に増加し、消費者のさまざまなウォッチに対する認知度が向上したことを示しています。

一部の市場アナリストによると、人々の腕時計購入の回復はある程度の景気回復を示しており、今年の中国の経済データは改善しており、消費の改善も時計に対する消費者の需要を押し上げています。さらに、人々は時間の必要性のためだけでなく、時計の付加価値のためにも時計を購入する。

FIYTA Groupの会長であるHuang Yungfengは今年のイベントで、時計のタイミング機能が弱まっていると述べていますが、時計を身につけることはアイデンティティをより明確に示すものであり、FIYTAの場合は「販売テーブル」を再定義する必要があります。これに先立ち、FIYTAの流通ブランドHarmonyは、「腕時計小売サービスプロバイダ」から「完全腕時計サービスプロバイダ」に変革した変革戦略を確立しました。

現在のところ、中国の高級時計市場はスイスの時計で占められています、そして、ミッドレンジの日本の時計といくつかの国内の時計があります。中国の国内時計産業は、生産能力と生産量の点で世界第1位にランクされていますが、その利益ははるかに低いです。 FIYTAウォッチの価格は1,000元から5000元の間に集中していますが、それは明らかにFIYTAの目標が中国の巨大な中流階級を対象としていることです。

2016年に、Wanpai.comと香港理工大学は共同で「中国の時計消費産業に関する白書」を発表しました。これは35歳未満の時計愛好家が約80%を占めていることを示しています。このグループの特徴の1つは、彼らが商品をオンラインで購入するのが好きであるということです、そして、オンラインショッピングモールは時計業界にとってますます重要な販売チャネルになりました。