最高腕時計のショッピングNavigation

ロレックスベニス双年展:詩的建築

Written on 04/19/2019   By   in ショッピング情報

「ブランドの創設当初から、ロレックスを絶えず前進させる精神――精確、高性能、美学――すべての偉大な建築に欠かせない精神である。ロレックス通信とイメージディレクターのAnaud Boetsch氏は「詳細と品質についてはすべて関心を持っています。腕時計の部品のように、一つの建物のすべての部分が最終的に完成する理想的な効果に影響します。」
ロレックスと優れた建築家のつながりは古く、1960年代にさかのぼることができます。創建時には、ロレックスがスイス建築事務所のAddorに、ジュリアード&Bolligerにジュネーヴ本社ビルを設計してもらいました。20世紀90年代中期、企業発展戦略の重大な調整として、ロレックスは本社ビルをリニューアルしました。同社はスイスのサプライヤーを買収し、腕時計の重要部品が独立した生産過程を持つことを確認する。垂直統合によって重要な腕時計部品の生産ラインは最終的にスイス内の四つのところに集中します。ジュネーヴでは、これはアカシアの大きな変化を促し、シャボンブルクとプランンライドに新設された2つの大型工場で、最終的にはベルン州ビルにある工場を拡張しました。
1997年、ロレックスはスイス会社のBrodbeck-ROouletにジュネーヴでいくつかの新しいビルを設計してもらい、さらに生産効率を高めて優れた仕事条件を確保するオフィスエリアを形成しました。他の国と地域では、ロレックスが建設を支援している利_茨腕時計学校(Lititz Watch Technium)の訓練とサービスセンターはアメリカのペン西法尼亜州にあります。アメリカのデザイナーMichael Gravesが設計を担当しています。東京にあるロレックス東陽町ビル(2002年)と大阪にあるロレックス中津ビル(2009年)はいずれも槙文彦(Fmihiko Maki)によって設計された。これらの建物はすべてこの高精確な業界の精髄を示しています。