最高腕時計のショッピングNavigation

有吉弘行、後輩が115万円の時計をドンキで買ったことを疑問視

Written on 02/11/2019   By   in 時計相場

「俺らが『買え』って言ったわけでもないし。勝手に『時計欲しいんです』って言い始めて。『ついて行こうか?』って言ったら、『じゃあ、ドン・キホーテで』って。

 俺は言ったじゃん。『六本木とか銀座とかの正規店で買った方がいいんじゃない? メンテナンスとか、ケアのことも考えて』って言ったけど、『ドンキで買います』って」

 有吉の忠告にも関わらず、ドンキで買うことにした山本。一緒に六本木店に向かうが、有吉は「ロレックスをいざ買うと思ったらさ、『ん? このガチャついた感じのところで大丈夫か?』って」と心配する。

 だが、山本が現金で高級腕統計を購入して、テンションが上がったことに有吉は「よかったじゃん」と同調。その後、山本は『有吉べース』(FOD)で、おむつを着けておしっこを我慢するという仕事に挑んだという。

 有吉は「100万円の時計を持った男がする仕事じゃないんだよ。一流のサラリーマンみたいな時計持っておいて、やってることは、おむつ着けて小便漏れたって大騒ぎしてんだから」と笑い話にしていた。

 有吉は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「買う」企画で、80万円のロレックスの時計を購入。

 2011年2月26日放送の『サンドリ』では「質に入れてやろうと思った」と笑いつつ、「これしてないと、テレビ見た人が『あれ? 時計してない。ウソなんじゃない?』って言うでしょ」と視聴者の目を気にしつつ、愛用していることを明かしていた。

 芸人の間では、高級品を購入したり、高いマンションに住んで、ブレイクのために自分を発奮させるケースもあるという。山本も有吉のように高級時計に見合うだけの地位に立つことを期待したい。
日本人経営の最高品質Nランクロレックススーパーコピーサイトです。Noob製のスーパーコピーロレックス時計等のブランドコピー時計の通販です。ロレックスコピー時計の2019新年キャンペーン!10%OFF!日本人担当 齋藤 進一