最高腕時計のショッピングNavigation

エミーキャラシリーズ2回目の腕時計紹介

Written on 11/23/2018   By   in 時計相場

昨年のエミーは、もともとの手には機械のコアを練り直して、新しい自動的に機械のコアやML 190とML 191を練った。大器としては、特に小秒盤と面盤の半部の逆跳びの時間と、下半分の日付に逆行して視覚効果が大きいように見えると同時に、刻度や針も繊細で簡潔にして、ブランドと時に持ち込んだペースを証明しています。また、表殻の2時と8時の位置には、逆ジャンプ機能に対応する快調を押し、操作も便利です。
新しい自動的に機軸を練る
もともとの手から機軸を練り、自動的に鍛えられた車輪と自動盤がML 191のコアとなっており、透明な底から丸めて見える自動盤が、独特の四角形やシンプルなシルエットになっている。