最高腕時計のショッピングNavigation

企業·ホテルのロビーにかけた大型絵…●李承�Yの名前に因んだ名品時計の競売

Written on 10/18/2018   By   in ショッピング情報

企業が購入した価格500万ウォン(約38万円)以上の美術品は業務用資産として認められ,取得·管理費用に非課税となる。 例えば,A社が銀行から年3%の金利で貸し出しを受け,1億ウォン相当の美術品を買った場合,年間金融費用(300万ウォン)に対して損費認定を受け,法人税などを納めなくても済む。 企業が購入した美術品を”業務用”と認められるためには,会社の資産として登録し,オフィスやロビー,廊下などの業務空間に必ずかけなければならない。 また,生存作家の絵には譲渡所得税が課されない。

企業はもちろん,ゴルフ場,高級ホテル,公共機関がこのような税制上,会社の雰囲気をきれいに飾る目的で,絵画を購入できる大規模なオンライン競売が行われる。

美術品競売会社Kオークションが今月24日まで行われる”チャリティ+プレミアム”オンライン競売には,単色画家のキム·ソボをはじめ,ソン·ジャンソプ,ソ·スンウォン,イ·ソンジャら有名画家の作品100~300号。 企業美術品所蔵の底辺拡大のため,作品価格を市中より50%ほど引き下げた。 大きな絵が必要な事業所で良質の作品を安い価格で購入できる絶好のチャンスだ。