最高腕時計のショッピングNavigation

投資の時計ゼロ ●保守的対応の中,”隙間攻略”知恵が必要

Written on 10/18/2018   By   in ショッピング情報

投資市場の不確実性が拡大している中,資産をどう運用すべきか困っている人たちが少なくない。 最近は”第2の金融危機”を口にするほど不安が広がっている。 資産運用と財テク専門家の4人から現時点で有効な財テク戦略について聞いた。

専門家らは”投資の時計ゼロ”の状況を迎え,最大限保守的に対応すべきだと口をそろえた。

“優良企業の社債代案”
■イ·ジョンウ元IBK投資証券専務

リスク資産を減らし,安全資産を増やす戦略が有効である。 すなわち,株式不動産を減らし,債券投資に向かわなければならない。 国内証券市場の調整局面は8ヵ月程度だった。 力が抜けるほど抜けた. 時差を置いて企業業績も悪化せざるを得ないため,今後の見通しも暗い。 不動産も大幅に上昇し,追加の上昇は難しい。

代案として国内優良企業の社債を推薦する。 国内優良会社債の金利は3%後半~4%前半なのでかなり良い選択だ。 長期的には,不動産ファンドや市場指数とを結合したETFの収益率が悪くなさそうだ。 海外株の中には,”チャイナファンド”を底点投資のレベルで考えることができる。

“小さくても知られていないところに”
■許晟準(ホ·ソンジュン)DB金融投資釜山支店長

来年3月まで,国内証券市場は”上場の相場”を維持する。 その後,三星電子が復活しなければ,追加の下落も懸念される。 小さくてあまり知られていないところに投資するミニマリズム投資を勧める。 資産が片方に集まっているならとても危険だ。

株式投資は,景気の安定を取り戻すまで極めて保守的な戦略が正解だ。 代案投資で底をついたブラジル国債が収益率を上げられる商品と見られる。 ブラジルは10月末の大統領選で政治が安定し,通貨危機の憂慮も低い。 公募株やハイイールドファンドも競争力がある。 先進国のバイオ株に投資するファンドも成長性を勘案すれば悪くない。