最高腕時計のショッピングNavigation

国産の時計がよくないと誰が言ったの?ファンのファッションの風を自ら演じる。

Written on 09/10/2018   By   in 時計相場

このほど、ファンの主演映画「二代目妖精」が決定し、12月には各大院線に上陸する。フォワードといえば、大部分の人の第一印象はきっと彼がかつて主演した「宮鎖心玉」であり、劇中では世の不遜で深い愛情を持つ八阿兄愛新覚羅・浮気を演じた。まさにこのシーンで、スクリーンに爆発させます。
彼は、文芸映画「後会無期」の中で、その追想の青年馬広漢であり、時代劇「鴻門宴」の中で豪勢な西楚の覇王の項羽であり、純熟な演技はそれぞれの役を演じている。
演繹事業ではファンの自分を堅持する態度を持っていて、入行したばかりの時の愚かさや衝突、10余部のドラマを演じてきたが、成績は依然として温かではありません。彼自身が言うように、「多くの時に順風順は必ずしも特別なことではなく、思い切って経験してこそ、自分の人生の目標を明確にすることができる」と言ったようです。事業においては、ファンの追求は怠らず、ファッションに対しても自分のファッション理念を持っている。ファッション街で撮影したように、彼は北京表潜鋒鋒シリーズの極法腕時計を選んでいたように、簡潔で低調していても流行の風格を失わず、彼の紳士的な気質と一致していた。手を上げながら、自信に余裕があって、男のファッションを伝えている。
北京の表潜前線のシリーズの極簡単なテーマの腕時計はツンドラの伝統的な形式を破って、極微の東方美学の中からインスピレーションを汲み取って、繊細な線で豊かな段階を持って、現代のファッションの息吹を満たしています。この腕時計は北京飛行機の飛輪機心TB 0 – 2を搭載しており、盤面、ローマ時には、簡潔な大気の立体感を見せる。ディスクの上の太陽の放射線、時間は光のようで、前方を照らして、まるでフォンの峰がずっと芸能事業の上で低調で前進するように、しかし心の中は永遠に追光の信念と追求があります。腕時計バンドは、磨砂や生地の質感が狂った馬の皮を選んで、スタイルが荒々しい、手触りが滑らかで、手でそっと表皮を動かして変色効果を生む。