最高腕時計のショッピングNavigation

ロレックスとグダブリーはどんな共通性がありますか?

Written on 09/10/2018   By   in ショッピング情報

ロレックスとパクリーは、擬人の手法で言えば、腕時計界の風雲人物であるべきである。風雲の人としては、誰にも比較されることはできませんが、どちらがいいのかというと、誰よりも心の中では秤がかかっています。今日私たちが話しているのは、彼らが何をしているのか。
保値性
ロレックスとダブリーリーの共性というのは、多くの人が私と同じで、まず考えているのが、彼らがすべて良い保証値性を持っていることを考えています。百ダブリーは、各大オークションの「印王」の常連となっていますが、ロレックスは、カジノでは唯一硬通した腕時計ブランドであるということです。ロレックスは本当にカジノの中で硬い通貨として知らないのではありませんか、しかしそれのいくつかの時計の金は確かに値性が高くて、最も典型的なのは緑の水の鬼、パンダのディ、中古市場では公価を超えなければなりません。ロレックスのアンティーク時計はおろか、今年は1.4億のラロマンディーズが持っているのを忘れていないだろうか。ダブリーリーについては、超公価の表金が欠けていないことについては、人気のアンティーク時計はさらに上昇傾向にあります。もちろん、保値性とは相対的なものであり、すべての表金(事実上、ほとんどの表金では無保証)ということをいうのではなく、必ず知っておきましょう。
連続性
なぜ連続性なのでしょうか?ロレックスとパクリーは腕時計界ではなく、中断したことのない腕時計ブランドであり、最も早く、創立時間の最も長いブランドではないかもしれないが、歴史の最も完全な腕時計ブランドである。この点は非常にありがたいですが、100年の経営を継続して中断していないことは、どの業界、いかなる企業にとっても大きな挑戦です。中国には「百年の老舗」という言葉がありますが、百達津麗とロレックスは「百年の老舗」という言葉があります。このような継続性はブランドの成功だけではなく、顧客により多くの信頼感を与えることができる。
独立性
私達は知っていて、多くの腕時計ブランドは最初は家族経営であることが多いことを知っていますが、ブランドの発展に従って、様々な要素のため、資本が浸透し始めていることを知っています。今、多くの百年の歴史を持つ大ブランドは、すでに各高級品グループの旗の下に統合されています。例えば、厳しい峰、スワキ、路威泥軒などの大規模な高級品グループです。もちろん、この例を挙げると、私は資本の浸透が一定ではないというわけではないが、これはブランドの生存にとって非常に必要である。しかし、その経営管理権は資本市場の統合において、他の会社の技術技術、特に市場の位置に大きな影響を与えているので、ブランドの前のカレンダー歴史の文化と工芸の伝承は自然によって異なる程度の影響を受けます。このようなブランドは、ロレックスやグダブリーのように、誰もが買収したことのない腕時計ブランドのようなものであり、このようなブランドは往々にして家族の企業文化が濃厚である。