最高腕時計のショッピングNavigation

あの静かな紺のために、五針同軸のエミーS 650 7を手に入れます。

Written on 09/01/2018   By   in 時計相場

11月10日に購入することができて、心理の道のりは詳しく説明していないで、またどんな純情な少女ではありませんて、古い時計は1枚夢中になって、純善の糸の1つ、掲示板のようなすべての借金の渇きのような表迷達のようです~!
最初のニビダダ間の金(親父が手に下りた)から、その後のカシオ電子(自分の小遣い費)まで、またティソのパワーロック(最初の自分で稼いで自分の花を買って買った)、そして愛表族中毒で精工小MM(当時MMに毒されたのは軽視されていた)、ずっと手に入ったばかりのエミー650 7まで。私の消費心理が徐々に理性的になり、腕時計の認知もますます自分の考えを持っています。自分の腕のその時計に自分の目に属するものがありますように。
このアイ美表は私の最初の価格の数万の表で、以前にも愛表族のクラシック&豪華区に分類されたブランド、オメガ、真力時、帝舵、豪雅なども注目されていましたが、多くの理由で私の購入表考えが実現できませんでした。さりげなくエミーが発見され、価格も表も品質もドキドキしています。