最高腕時計のショッピングNavigation

日本企業の再爆醜聞、西鉄城問題は中国に流れた可能性がある

Written on 07/11/2018   By   in ショッピング情報

CCTVのニュースクライアントによると、今月9日、日本の西鉄城時計会社が、製品のテストデータや部品の産地を大幅に改竄したことを明らかにした。
調査報告によると、西鉄城時計会社の傘下の「シチズン電子」は、2012年4月から2016年12月にかけて、21項のLED部品製品のテストデータを改竄し、1000時間の製品寿命を6000時間に改竄することが報告された。また、同社は2017年6月までの7年余りで、中国の子会社の工場で生産された166種類、13億個以上の部品の産地を「日本」に改ざんして119社の取引先企業に提供し、改竄率は同時期の製品総数の6.7 %を占めている。
今回は、データや産地を改竄した部品には、LED設備、スイッチ、誘導機材が含まれています。主に携帯電話や家電製品に使用されています。関連商品は中国を含む海外市場に流入する可能性がある。現在、西鉄城電子会社の社長ら3人のトップが解任されている。
これまでは品質の代名詞で、傘下の光動能シリーズの腕時計は市場で不俗論を得ていたが、今回は偽装の不祥事が発覚したのは残念だ。最近、日本企業の偽造スキャンダルが頻繁に出てきて、神戸製鋼のデータから偽造して、東芝の財務造営に行って、また日産自動車の質疑検査に行って、人は思わず日系の生産規範に対して深刻な疑いを持っています。もし信用が本当に破産したとしたら、再び謝罪した声明は何を使いますか。