最高腕時計のショッピングNavigation

大師の典範、シェパインの名誉と赤銅彩絵

Written on 07/04/2018   By   in ショッピング情報

ブラッピインの宝箱は、その精工彫刻やエナメルの独立した制表工坊で知られていますが、ダマスカスの金達品が出品されています。今、ブランドは更に光り輝いていて、日本の赤銅の輝かしい美しさを表現します。赤銅の原産は、主に銅と金の二つの材質からなる合金である。成分や生地によって、合金は青黒の間にある暗緑色の色を示している。
合金の黒緑色は鈍化処理と呼ばれる工程で、この工程を完成させるには溶液を使う必要がある。この溶液は乙酸の銅(緑の灰色)で構成されていて、伝統的にはずっと日本で製造されていて、日本語ではロークスワーゲンと呼ばれています。rokishにおける溶液の使用割合が増加するにつれて、合金の黒の光沢がだんだん深くなり、さらに濃い色が現れます。
歴史的には、他の材料とともに、長剣や装飾品、ジュエリーなどの器物作りに使われています。赤銅の鍛造技術を身につけた職人は、その作品の上で彫刻の創作や装飾工芸を行うことが多い。