最高腕時計のショッピングNavigation

復古の味はティソのレトロシリーズ1936回刻印腕時計

Written on 06/21/2018   By   in 時計相場

第一次世界大戦後、男たちは実用的な考えから、懐中表をやめ、腕時計をつけていた。製表師は、最初に懐表の表殻の両側にアーチ形のものを溶接して、裏から表を付けて手首につけられる腕時計を作ります。ティソのクラシックシリーズ1936腕時計は、この復古の作り方を採用し、その時代の腕時計の特徴を再現している。今日私たちは男の金を例にして、一緒に鑑賞します。
腕時計の創作インスピレーションは1936年のティソ腕時計で、腕時計のデザインはレトロな要素を持っている。腕時計は直径45ミリ、厚さは198ミリ。時計は白色の表盤を組み合わせて、中央部分は灰色の設計で、6時位置には小秒盤が設けられ、12時にはティソのブランドマークが刻まれている。盤面外輪は、古い軌道式の時間に表示され、宝玉式のアラビア数字の数字に合わせて、濃厚な復古感を見せる。
表殻は316 Lの精製鋼の材質によって作られ、表面は放光打研磨処理を経て、金属特有の光沢を放つ。側面から表殻底蓋にスイッチ装置が設置されており、一覧内部の機軸の美を開くことができる。