最高腕時計のショッピングNavigation

遠走高原前にカシオPRO TREK PRX – 8000 YT – 1を連れて行く

Written on 06/08/2018   By   in ショッピング情報

久居都市は繁栄して衰えることができて、人事が浮き沈みして、どうしても心が枯渇して、いつも外に出て遠行しなければならなくて、自分の体と心のために充電しなければなりません。近年の経済発展につれて、都市の景勝地が近づいてきて、多くの人は外国に行って、あるいは南西、西北などの人口の少ない地方へ長線の旅行をします。旅行のためにスムーズに買い物をしなければならないので、特に青蔵高原に行きます。
青蔵高原の平均海抜は4000メートルから5000メートルの間で、標高の低いチベット自治区のラサの海抜でも358メートルに達し、寒さや低気圧、天気の変化は、地元の気候の典型的な特徴である。だから高原に行く前に人々はスクラップ、スクラップパンツ、スニーカー、ハイワラマツの羽毛ジャケットの一連の屋外装備を自分自身の高原の標準的な服装として、大敵の姿をしている。武装した以上は武装して歯に、カシオPRO TREK登山表を出して、予算が十分であればPRO TREK MANASLUシリーズの新品PRX – 8000 YT – 1を試してみると、特に山を回転し、雪峰を登る時に使う。
PRX – 8000 YT – 1 MANASLUは、日本で唯一、14基の8000メートルのピークを登った有名登山家の竹内洋岳さんが全行程で設計された登山表です。1956年、日本の登山隊は初の8163メートルのMANASLUを成功させ、MANASLU峰はヒマラヤ山脈中段のネパールの境内に位置し、「山脈の魂」を意味する。PRO TREK登山表は、表の名前として、先人の業績を記念したものであり、先導を受けて8000メートルのピークに挑戦できるプロ登山表を見送る。
PRX – 8000 YT – 1は、カシオ日本山形(Yamura)工場のハイエンド製品生産ラインで生産され、ポインタ/デジタル双顕示盤を採用し、サファイアガラスの鏡面、チタン金属と樹脂材料で構成された混合表の殻、軽量化チタン金属のバンドを搭載し、第3世代3重センサーを搭載して、方位、高さ、ガスを正確に測定することができる温度などの様々な数値が、6局の電波受信機能を備え、太陽光の充電、100メートル防水、抗- 10℃の低温をサポートしている。