最高腕時計のショッピングNavigation

中秋の表情は秒の“月”の動く宝のチャラマリロン月相の腕時計は互いに集まる時刻を銘記します

Written on 05/14/2018   By   in 時計相場

またたく間にまた1年の中で秋の日、明るい月光の映えの下で最も親しい友人と楽しく一堂に会して、1輪の満月のもたらす美しさを見て、この弥足の貴重な時間を大切にします。月の相表は、一枚として、晴れた日を腕の間に入れた時計の金として、複雑で優れた機能が喜び、腕の間に肉親に対する思いが映っている。スイスの製表の名家の宝そろは月の損益の円が時計の上に欠けていて、満腔の思いを永遠に定格にする。日月は輝きを争い、分集まりの時にそれぞれの思い系の上で真摯な祝福をすることを肝に銘じている。
月の周回に始まった損益の変化は、月の神秘的で魅力的な力を与えたと伝えられている。これまでエリートの人たちは手を取って月を摘み取ることに憧れていたが、星海が手にするという意味を持っている。この中秋の日に、1金のマーリロン月相の腕時計はあなたの腕の歳月の陰晴と晴れを味わっていた。馬利竜の月相バラの金腕時計は優雅で、38ミリ、厚さの1085ミリのバラの金の表殻は銀色の表盤と金色の時と合わせて調和がとれています。たとえ機能が複雑になっても、外観の配置は明らかにはっきりしていて、その中の細部は偶然であることが見えます。立体的な台形の時に落札した時、針が伸びている時、針は見分けることができます。きらきらした銀色の月相の表板は炭の灰色の背景の下で更に目を楽します。時計のボタン、完璧な上品な気質を作り、魅力的な風貌を放つ。