最高腕時計のショッピングNavigation

ジャック徳羅演繹スイスタブと中国の古楽の衝突

Written on 03/12/2018   By   in ショッピング情報

じゅういち月じゅうご日、スイス上海駐在総領事館の官邸を迎えた一風変わった「中国古楽:琴、土笛コンサート」では、スイス上海駐在総領事館の霍力轩(Alexander Hoffet)と多くの国内外の友人の共同来場、鑑賞した中国の七絃琴巨匠陈金龙さんと弟さん陈理の琴演奏、中国書道協会の会員と画家章子敬さんの演技の中国の書道の芸術。ジャック徳羅は今回の活動のご協力、賓客を体験させて楽曲を楽しみながら、さらに品鉴時計の芸術の美しさ。
陈金龙さんの弟子陈理では琴で、土笛、蕭とギターを演じてきた三千年以上の歴史を持つ琴芸術発起した古典と現代の時空の対話。古琴の楽音は婉曲で、穏やかで穏やかである。自然の和やかな音に満ちた曲が官邸内に囲まれ、中国の古典芸術の素晴らしさを、居合わせた賓客たちに深く感じさせる。
は「大雅》、《広陵散」など古曲、陳さんは演奏した「月光」、「愛のロマンス」などの西方の近代的な楽曲を音楽で解釈した“明鏡は形を察する所以、往事は今を知る所以、洋为中用」、「古楽」と「古楽器」に入ると現代、続いて現代においての生命力に煥発。章子敬さんは揮毫を筆をとって、一緒にお客様に聴覚と視覚の二重の楽しみ。