最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2018年3月13日

「Only Watchチャリティーオークション」に寄付BR-X1 RS17透かし彫りクロノグラフ共に助け合い善行

BR-X1 RS17 Only Watch透かし彫りクロノグラフ造工精密、鉛色クリスタルガラス表背令透かし彫りムーブメントの複雑な構造が一望でき、ムーブメントパーツ装飾深く高級時計の制作技術は非常に軽く、腕時計を配合し、デザインも非常に意味が極めて堅固な鍛造炭素ケースハイテクセラミック及びゴム圏保護を強化し、その衝突性能を防ぐ。
文字板の色と組み合わせてルノー艦隊のR.S .じゅうななじゅうしちフォーミュラワンのハンドルとダッシュボードに呼応して;起動カウントダウン機能のゲームレバー式ハイテクセラミッククロノボタンを一層山吹色のスリップゴム、令ポンプ操作をより正確に妥当な;ベゼルつき速度計目盛、便利なレーサー計算速度。
はオークションで撮ったこのユニーク時計の競り落とす者は、招かれては今年十一月の底アブダビへ、自ら見て今回の一級方程式シーズン最終戦、その時この競り落とす者は獲得ルノーF 1チームのおもてなしをして、機会があると車のドライバーに会って、および贈られドライバーニコH違うlkenbergレースの手袋。
Bell & Rossずっと恐れない困難と技術に挑戦し、優れた性能を追求する表現や正確で社会に貢献していないが、忘れて。これはブランドの連続第5回参加しOnly Watchチャリティーオークション会」を信じて、今回のブランドのBR-X1寄付RS17 Only Watch透かし彫りクロノグラフ、高級運動好き表のコレクター達の人気を誇る。

03/13/2018     0 Comments

Boucheron竜宝詩2017 Hiver Imp E rial冬帝国シリーズ

Boucheron宝詩竜盛大に献呈する新しい高級ジュエリーシリーズHiver Imp E rial冬の帝国、想像を駆け回る極東広い果てない雪を演じて明るい霊光。
1897年、Boucheron竜宝詩がモスクワで専門店を開設し、当地の初のフランスジュエリーメーカー。だからこそ、歴史もブランドとロシア帝国――と、スラブ民族の歴史の伝承と広大無辺の国土を緊密に繋がる。Boucheron竜宝詩と誠意に捧げ遠い外国の3つのテーマ:自然、ファッションや建築。
いち
LumièレウォンのNuit(極夜の光)を北境が独特で心の琴線に触れる極地氷の風景、咲いて最高の美。Femmes Bor E ales(極地美人)を身にまとう真珠などの貴重な宝石を現代の女帝と王妃、自分たちに厳冬の気候に零す強さ気迫と色っぽい美しい態。L」Anneau d」または332 L(金环古城)を築いてロシア古代王侯町の屋根、丸い丸天井と尖頭、精緻なパノラマ現在目の前。幾何学対称の雪を冰瀑凝結、身寒霜な野生動物、雪に彩られた屋根……高級ジュエリーシリーズのダイヤ、真珠と貴重な宝石ができる、凛と咲く真冬玉然の光。いらっしゃいBoucheron宝詩竜の冬の奇観。

    0 Comments

モンブラン発売に敬意を表する京都芸術限定版筆記用具55

日本の文化の中心として、京都市はずっと無数の芸術家と学者の巡礼の地である。西暦794年から1869年までの千年余り、京都市はさらに日本の帝国の首都として存在している。この千年の古都懐胎した多くの日本の歴史上重要な芸術文化遺産、例えば長い和服制作プロセス、伝説の能楽劇習俗および公認の世界最古の長編小説「源氏物語。日本と風に世界の文学と芸術文化で作った非凡貢献を出して敬意を表するモンブラン新しい京都芸術限定版筆記用具55、礼讃古代日本の前衛芸術と精緻な美学。この限定版筆記用具では初めてモンブラン完璧な技術と日本の古典と風の芸を巧みに融合し、モンブランブランドを霊感の傑作。
百年の伝統をオマージュと風と約460年歴史の長い着物ファッションな、モンブランに敬意を表する京都芸術限定版筆記用具55の全体設計彫刻して飾るてユニークな日本式と風のデザインから霊感汲2枚の「源氏物語」の絵。西暦1000年、ある古代日本の宮廷の侍女は「日本『紅楼夢』」という美誉れの「源氏物語」を作成し、平安時代の皇族や貴族層の生活図景を描いた。この限定版筆記用具のペンのキャップも刻まれて本の宮廷と飛鳥イメージ;軸の模様を浮き彫り精妙唯美、図案の由来日本ロイヤル御所車、寓意は『源氏物語』主人公源氏起伏の一生。モンブラン新しい制作技術を採用し、後にブラスト処理では初めてと風のデザインは精巧で美しいアップリケ925純銀ペンのキャップや筆の上に。筆の軸と続いて、純手作り技芸研磨がつや消しと光沢表面のコントラストの華やかな効果。純銀の表面は金色の桜と秋葉の図案を象眼して、彫刻は精密で、婉曲で優雅です。

    0 Comments