最高腕時計のショッピングNavigation

スウォッチ君を連れて泳いで世界で最も美しいの秘密の花園

Written on 12/26/2017   By   in 時計相場

暖かい春三月、満開を待ちたい、でも一度お花見の旅?日本の花見に滞在したくない道の中にありたくないですか?この肉感的ハルヒ、すぐあなたを連れてぶらぶらスウォッチ世界にあれらの美しい言葉にできない秘密花園:モネスイレンの元景にフランス吉のプーさん(Giverny)モネ花園庭弱々しく、後ろ髪を引かれる。オランダクロワッサン村の田園花景の中で、てんとう虫が忙しくて探して代表ラッキークローバー;カナダチャーター花園はない派百花斉放光景、咲き乱れる花秘境に無駄が魅力的眼欲。これらの謎の花園とロマンチックなデートをしたいと思っています!春の足音が待っていないよ!
Bonjour!スウォッチ秘密花園第1駅はロマンチックなのすべてフランスパリ、美しいらんまんのモネガーデンはパリ近郊の位置は、彼女はまるで天真爛漫な少女、照れてあなたと述べひゃく年前に彼女とモネ一目の感動物語。1883年、画家モネの列車に乗って吉のプーさん町で、その静かな気質にとりつかれ、幽居この花、毎日絵を作成するため、多くの人口に膾炙すの世界名作まで逝去する。そして、彼が心を込めて経営している花園もそのため、画家の天国になりました。この愚かな少女の感情を味わってみたいですか?かつてなら従うモネの足どりは花園に訪ね池の中に嫩蕊凝珠の睡蓮、体験の洋式の花園のない夢のような美しいでしょう!
「静かに揺れる庭」風に姿を存分に、まるで花流れの滝、「蘭広場清丽楹」の気質を持って、1部の不意の美は、待っている愛情の少女。そして何よりも「名殘惜しい「もっと分かるように日陰の豆もはじけ時乙女心を取り上げて小さくデイジー、オフ「彼は私を愛して」を「彼は私を愛しないで、知りたい」の最後の一枚を代表して何を恐れては期待の結果…スウォッチ連れて行くこのモネ花園復習一つ一つ少女時代のエピソード。