最高腕時計のショッピングNavigation

時計の文化と非遗エナメル伝承も成果発表セミナー

Written on 12/01/2017   By   in ショッピング情報

今回のセミナーに集まった国内の有名な文化財の学者、時計の専門家、およびコレクターを含めた各界専門家学者。研討内容をめぐってどのように中国の古いエナメル制作技術と製造を通して時計を結び付けて、開発に現代生活の時計製品、保護、伝承し中国の伝統的な掐丝エナメル芸の目的。セミナーで現場、複数のゲストは今回の研討テーマ講演発表した趣旨をいかに文化に対して革新の方式に継承、発展の中国のエナメル制作芸について深く検討する。
会議では、工業情報化部消費司高延敏、中国時計協会理事長陶ト、中国時計協会の副理事長、副主席张宏光汪孟晋や中国のコレクター協会、エナメル界、彫刻界共同発表した北京故宮文化サービスセンター出品の「結婚」と「栄華」2項のエナメル腕時計。故宮の既存の館所蔵の文物180万件で、このうち約6000件以上エナメル器、時計1500余件、エナメル時計更にそのシックなデザイン、完璧な芸は歴代のロイヤルに愛されて。習近平氏は「文化財に応えるために生きて、話をして、歴史文物を知恵を伝える」の呼びかけで、北京の故宮の文化サービスセンターに取り組んではずっと中国の悠久のトップ職人技と現代生活を結び付けて、開発を通じて違う形で文創制品、発揚「職人精神」と同時に広大な人民大衆が本当の接触と知って中華民族の優秀な文化の遺産。