最高腕時計のショッピングNavigation

スウォッチグループ2015上半期財務報告書を発表

Written on 11/06/2017   By   in ショッピング情報

報告によると、スウォッチグループの今年上半期の売上高全体を61億スイスフラン、最近の国際相場変動の激しい、昨年同期比で8 . 3%減少が、毛を維持金利は18 . 2 %。その光は時計や宝飾品を含む(生産)の粗利率は20 . 0 %まで達成し。また、スイスフラン切り上げの衝撃と金利引き下げなどにつながる要因は、5 . 48億スイスフラン純益で行い、昨年同期比減少19 . 4。
下半期の展望の積極的要素:(いち)オメガ海馬シリーズAqua Terra 150メートルジェームズ・ボンド限定腕時計発表(に)オメガとスイス連邦計量科学研究院METAS新しい時計認証プログラム発売(さん)スウォッチタッチZeroワンポイント腕時計やスウォッチ近場通ニュースNFC必要ない電池動力支払い方式発表(よんしよ)非常に成功的ティソT-Touch Expert生産量の増加Solar腕時計。
全体的に見て、スウォッチグループ違う部門は世界市場で穏やかわぁ。スイスフランの変動にもかかわらず不良要素は依然として存在しているが、グループの管理層に2015年下半期の見通しは楽観。地球のぜいたく品消費のすべての製品カテゴリーでは、スイス時計の需要は依然としてかなりすばしこくて、特に機械表の分野。韓国はMERS発生の抑制後の観光業は再び安定。透過各ブランドの一層のマーケティングを投入し、販売網の拡大や、より豊かな新品発表をさらに刺激を含む大中華や他の市場の販売増。そのためにすべての地区の市場および各製品の領域で、グループの将来性は依然として相当楽観です。