最高腕時計のショッピングNavigation

ショパールとカンヌの20年間を振り返る

Written on 09/27/2017   By   in ショッピング情報

今年、70周年を迎えたカンヌ国際映画祭。世界三大映画祭のひとつとしても有名なこの映画の祭典と、世界を代表するジュエリー&ウォッチメゾンであるショパールが密接な関係を築いてから20年が経過した。両者の強い結びつきは、カンヌ国際映画祭の最優秀作品に贈られるパルム・ドールをショパールが手掛けるようになってからだ。今年のカンヌ国際映画祭ではこの長年のパートナーシップを記念した特別なパルム・ドールが製作・授与され、話題となったことも記憶に新しい。

今回、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージでは8月23日(水)〜28日(月)において「A week in Cannes 〜カンヌの1週間」と題した、カンヌ国際映画祭とショパールのこれまでの歩みを振り返るイベントが開催される。このイベントでは両者の20年間に及ぶ関係性を知ることのできる写真やアイテムの展示のほか、前述した今年のカンヌ国際映画祭で贈呈された特別なパルム・ドールが公開される予定だ。

また、このイベント会期中にはケースの中でダイヤモンドが軽やかに動くムービング・ストーンが有名な「ハッピーダイヤモンド」シリーズより、「ハッピーハート」の新作リング先行販売も行われる。