最高腕時計のショッピングNavigation

なぜ時計をつけて風呂に入ってサウナに入ることができない

Written on 08/28/2017   By   in ショッピング情報

一部の人は私の腕時計が防水達成できるひゃくメートルにも300メートルの多さから、自分の愛をかぶって表にサウナ風呂に行く。実はこのような方法は全く間違っているため、時計自体はそれほど絶対シールのパッケージ、つまり防水防水蒸気とは限らない、私達はすべて知っていて水蒸気はハイブリッドで空気中のが、浮いている空気中の水蒸気の分子構造がよく小非。そして腕時計のシールで防水ゴム圏賭けキャップとケースの間の隙間、例えば温度差の変化に圧力を大量の水蒸気を帯びて大気の空気わりこむ時計中、そして水も老化ゴムさせ、それによって防水機能性能低下を失う。
それに時計が入水ば、時計がどれらのダメージをもたらすのかと言うと。まずみんな知ってクォーツと電子の表は、抵抗容量や電池などの部品の構成で、水自体は良導体、電子は水の中に「流れ」と大きな水の短期内焼失石英基板に量が少ないと、短期的には問題があるかもしれないが、長い期間て水が腐食回路板に恒久的ダメージ。機械表取水が酸化糸遊ギアなどのその他の部品にも使用できない、精度低下。