最高腕時計のショッピングNavigation

ジャック徳ルーマニアは、稀代芸術、成就、稀代

Written on 08/26/2017   By   in ショッピング情報

マイクロの哲学の意義は「無限小すなわち無限大」、個体を世界が評判の大きさの量尺、人類の宇宙はちっぽけな存在だが、埃に対してはありまし。ドームの上の壮大な空間ときわめて微細なもののミクロの世界、両者は一見同日の談にあらずが、芸術家の手には、その同枠を超えて演繹して、空間の制限、すばらしい世界を見せ方寸の間にたくさんの深さと、彼らは、この精湛の芸はろく世紀の歴史を持っているマイクロ絵エナメル工芸。
琺瑯は西洋のエナメルの代表で、「スイス七細工」と言われている。伝統的なエナメルプロセスには難度最高の一項のスキル(他の2種類を掐丝エナメルと内記入エナメル)。このスキル使用されている作品の中でトップ腕時計、腕時計盤面大きさや形状や機械構造の制限、完璧なマイクロ絵エナメル見えて貴重。絵師も絵から発想まで再手描き文字盤にので、一つ一つのひとつのエナメル面では唯一の。
一番早くエナメル芸応用ジュエリーや金饰で制作し、自じゅうご世紀から使用されて時計の作品の中で、その微絵エナメル工芸も次に生まれヨーロッパベルギー、フランス、オランダ三国の県境の佛朗徳斯地区、その後経フランス中西部の裏摩居の手は、その制作で記入エナメルの技術を基礎にして、発展の絵にエナメルの要衝。1755年、ジュネーヴ画家の完璧さと呼ばれる「ジュネーヴエナメル」の助溶接技術を創造するため、一種の透明五彩の装飾効果、それによって保護と強化下のマイクロ彩色上絵の図案。
じゅうななじゅうしち世紀末、時計職人や貴族たちフォーカス、複雑な機能や精密技術、マイクロ絵エナメル「死亡時期に入った」。じゅうく世紀末機械時計機能性開発にはほぼ頂点に達して、革新のスペースが小さく、機能性は熟して、人々はそれを再び焦点に賭けて装飾的に、マイクロ絵エナメルに戻って人々の視野の中で。