最高腕時計のショッピングNavigation

優秀な商業のモード、きっと最もで荒れ誕生の時代

Written on 07/31/2017   By   in ショッピング情報

もし私達は今は目下の実体の店の不況の原因は、直接にまとめ、全体の経済情勢の不況は、明らかに大間違いだ。
実際に、実体経済でǒб倒したのではなく、自分に負けた。伝統的なブランド、オンライン販売が良くなる、線下関店はもっと狠。価格優位性が重要な要素ですのでさえすれば、できない線線の下での同価格、実体商人が自分を倒す。
メディアの予測を経て、六年のシャッフル、今の実体の店は確かに1人の生死存亡の肝心な時に!
覚えてください:最も優秀な商業のモード、きっと最もで荒れ誕生の時代!
『論真理》の中にある句哲学名言:「人は万物の尺度、人が存在しない時に万物が存在し、人が存在しない場合は万物は存在しない。」
この未来を説明する唯一の標準は「人」だ、すべてが「人」になって。「人」のレベルでは、あなたの存在価値を決定しました。
商品も、人の尊重と関心を反映しなければなりません。商業の本質は「商売関係」から「サービス関係」に過ぎ」。これは非常に驚きの変化、実体店が回復の機会には非常に驚きの変化、実体店の回復の機会です!
ひるがえって数大ǒбプラットフォームであれ、アリババ、京東は、アマゾンなど、彼らは例外なく、ボトルネックを見つけ、台頭は天井、利益成長減速傾向、市場需要が飽和状態に近い。
双じゅういち経済は典型的な損も名声価格競争により、中国の小売て無利益時代、ǒб滅びゆく伝統の経済構造の同時に、自身もに陥った沼沢抜け出せない。
ǒбの優勢が消えている、今店「ネットの店」のコストを超えて家賃の実体の店、たとえば、宝にとって、毎来一人のお客様のコストははちじゅう元で、しかし多くの商品の価格ははちじゅう元!
そして、ほとんど「実体の店」と認識できないので、どんどん商売は不況で、これによって「実体店」の家賃は絶えず下がって。そこで「ネットの店」のコストは上升し、「実体店」のコストは絶えず下がって、両者は最終的には同じレベルに達した。
今、両者がついに同じスタートラインに走っていった!すべてはゼロに帰する、公平に競争する。
未来、商業の争奪の生まれはちじゅう、きゅうじゅう年代の消费者グループは、この群が生まれては欠かさず物質、欠かさず製品、彼らに必要なのは1種の「思いやり」、そうした配慮も必要が面と向かって感触と才能を体現している。
「実体の店」が最大のチャンスだ!もし私に1つのチップをあげて、私は必ず実体の店が勝つことができることを賭けます。
商業中心から優位の中から「価格」「サービス」になって、しかし比較からサービス「ǒб」が「実体店」の相手?ましてさらに考えてみれば、私たちは歩いて通りで、なければ一列はまちまちの店で、あれは1種のどのような喪失感?