最高腕時計のショッピングNavigation

国産品は自彊、上海、カモメ、北京の三大国営の古い工場

Written on 07/13/2017   By   in 時計相場

1840年のアヘン戦争で中国が近代化プロセスをスタートさせた。戦争が終わった後から以上海をはじめ沿海都市が開放、世界資本主義市場に溶け込み。1843年上海出始めは簡単で組み立ての補修を主とする時計工房と表行。中国の民族時計工業人民共和国建国前のひゃく年ごろに発展の時間の中で、何度も戦火を経て、磕磕绊绊にいくつか業績を得ました、上海、天津、北京、煙台などにも多くの部品を形成したメンテナンスと小さな工場が、まだ開発製造能力は主に国際レベルの主流機械式時計。
建国した後に、数年整頓改革や「五計画」の実施、倣照兄貴ソビエト連邦のモスクワ第時計工場共和国では、上海、天津、北京にそれぞれ3つの国有腕時計工場を創立して、ブランドはそれぞれ上海、北京、カモメ。煙台など各地方政府も組織のいくつの公私合弁の時計工場だが、基本的には自主的に生産腕時計の能力。
1958年、上海工場の初めての自主開発生産のじゅうななじゅうしちドリル、長さの3針、ムーブメント外径25.6mmのA581型腕時計量産13600枚で、価格ろくじゅう元、一挙に多い当日完売し、中央の指導も自腹で購入したこの時計。総理は一生にこの58年に作られた国産初腕時計を着用している。計画経済時代、上海表の地位はとても高くて、甚だしきに至っては中国の若者の結婚三種の神器の一つ。ここで私たちは第一項の量産万匹以上の腕時計は上海の札が、第1枚の開発に成功の表は中国上海工場は55年きゅう、く月「東方紅」の開発に成功し、天津工場は55年いち月は試作“メーデー”ブランド腕時計(下図)。が総合的に見れば、上海工場技術力を発展早く、より強く、中国の第1表この冠個人の感じは58年に量産のこのA581がいい。