最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2017年7月31日

ゲーラ苏蒂オリジナル臻选天地陀はずみ車の贈り物に父の日

深い無形は父が高らかにはっきりした声で、いつもはすべての細部表現を集めて瀋の愛。父の日は来る、ゲーラ苏蒂オリジナルをいっぱいの述懐で経典の天地陀フライホイール礼讃父性愛。父親の愛を表現するのが苦手で、まるで陀はずみ車は摆轮、発条と逃げて動く時発生器ごとに気づきにくいの速度の変化は、保証腕時計の正確なカウントダウンですべての困難を克服することができます;父性愛、まるで陀はずみ車の減少に摆轮引力発条などによる影音、時精度向上。この項にモード感の天地陀フライホイール、示した究極の技術、方寸の間を凝聚して点滴を想い、ごとに1部の深い愛に敬意を表する。
ゲーラ苏蒂オリジナルを贈り物の父の日、オーディションのこの気の天地陀はずみ車(PanoTourbillon XL)礼讃父性愛だけでなく、マスターの作品は、父愛へから珍至上の最高の比喩は、42mmの増大表径のほか、モダンな感の盤面配置は更にその著名の特色。プラチナの文字盤が上品なデザインで、盤面対比強烈な黒と銀の構成を分けて2区が現れる。飛行陀はずみ車は盤面上、下は時によると、亜鉛の底から黒い引き立て銀色のアラビア数字。外観大気丈夫、融合は少しも喜びのように柔らか、は口下手で、愛は優しさを私達の成長の父親のように。

07/31/2017     0 Comments

ヘンリ吉利:95後、凡庸のファッション観を拒否する

ファッション、1代すべて自分の主張がある。明らかに、95後も彼らの自分の主張、ちょうど有名ファッション大師山本耀司、各世代のファッション感覚に満ちた時は、疑いと反抗を拒否し、臭いものにふたを喜んで、警戒する。
95後、大衆を貼っている「利己主義者」、「個人主義」「個性主義」のラベル、95後のキーワードになって:二次元、ACG、日を揺らし、コミ、韓保養、ラジオドラマ、映画、ロックです;しかし、いかなる物事にも同一性と対立性、もちろん統一と分割を見ると。16-21歳として社会の群体は性格が鮮明で、95後も誇張、生活環境に対して快適に熱中ネット社交など、ただ社会発展の正常な現象。
「花のように言う》の中の姜思达彼について服装と行為の自己論述:“私はないと思うし、個性的なこの時代の流れに逆らって。しかし、私が体制内のおじさんが私に言って私に合わないこの社会の時、私は理性的に回復じゃなくて、彼に逆らう。私は彼に教えて私が自己の権利を、私たちは自分の独特な審美とは思わない、私たちの振る舞いが違この時代の発展で、相反して、私はこの時代の産物。私たちの到来、ちょうどこの社会のもっと良い更新する。」これは95後にこの世界に彼らのファッション態度に応えて、妥協を拒絶することを拒絶する。
95後にいろいろな自己表現方式で、大多数の95後を求めて多様な生活、そんな感じがまるで人をこの場から時間がかかる困兽の斗解放を掘り起こし、マイナーないい物、美しくない流俗ファッション生活の話を通して、切って退屈としないファッションたとえ経典でエレガントな腕時計の分野では、95後にファッション態度も、既存のファッションのルールで屈服しない。

    0 Comments

優秀な商業のモード、きっと最もで荒れ誕生の時代

もし私達は今は目下の実体の店の不況の原因は、直接にまとめ、全体の経済情勢の不況は、明らかに大間違いだ。
実際に、実体経済でǒб倒したのではなく、自分に負けた。伝統的なブランド、オンライン販売が良くなる、線下関店はもっと狠。価格優位性が重要な要素ですのでさえすれば、できない線線の下での同価格、実体商人が自分を倒す。
メディアの予測を経て、六年のシャッフル、今の実体の店は確かに1人の生死存亡の肝心な時に!
覚えてください:最も優秀な商業のモード、きっと最もで荒れ誕生の時代!
『論真理》の中にある句哲学名言:「人は万物の尺度、人が存在しない時に万物が存在し、人が存在しない場合は万物は存在しない。」
この未来を説明する唯一の標準は「人」だ、すべてが「人」になって。「人」のレベルでは、あなたの存在価値を決定しました。
商品も、人の尊重と関心を反映しなければなりません。商業の本質は「商売関係」から「サービス関係」に過ぎ」。これは非常に驚きの変化、実体店が回復の機会には非常に驚きの変化、実体店の回復の機会です!
ひるがえって数大ǒбプラットフォームであれ、アリババ、京東は、アマゾンなど、彼らは例外なく、ボトルネックを見つけ、台頭は天井、利益成長減速傾向、市場需要が飽和状態に近い。
双じゅういち経済は典型的な損も名声価格競争により、中国の小売て無利益時代、ǒб滅びゆく伝統の経済構造の同時に、自身もに陥った沼沢抜け出せない。
ǒбの優勢が消えている、今店「ネットの店」のコストを超えて家賃の実体の店、たとえば、宝にとって、毎来一人のお客様のコストははちじゅう元で、しかし多くの商品の価格ははちじゅう元!
そして、ほとんど「実体の店」と認識できないので、どんどん商売は不況で、これによって「実体店」の家賃は絶えず下がって。そこで「ネットの店」のコストは上升し、「実体店」のコストは絶えず下がって、両者は最終的には同じレベルに達した。
今、両者がついに同じスタートラインに走っていった!すべてはゼロに帰する、公平に競争する。
未来、商業の争奪の生まれはちじゅう、きゅうじゅう年代の消费者グループは、この群が生まれては欠かさず物質、欠かさず製品、彼らに必要なのは1種の「思いやり」、そうした配慮も必要が面と向かって感触と才能を体現している。
「実体の店」が最大のチャンスだ!もし私に1つのチップをあげて、私は必ず実体の店が勝つことができることを賭けます。
商業中心から優位の中から「価格」「サービス」になって、しかし比較からサービス「ǒб」が「実体店」の相手?ましてさらに考えてみれば、私たちは歩いて通りで、なければ一列はまちまちの店で、あれは1種のどのような喪失感?

    0 Comments