最高腕時計のショッピングNavigation

活力のオウバイが1匹の昆虫の腕時計をつけてエネルギーを増やします

Written on 05/12/2017   By   in 時計相場

冬が去って春が来て植物界を呼び覚ましただけではなくて、熟睡する長い間の鳥類類をも呼び覚ましました。チョウ、ミツバチとトンボはまるで再び類を生んで私達の目の前でまた活発で、軽快な叫び声、振り回すメロディー、すべて非常に生命力を満たします。1年の計が春に始ると言って、春先に1モデルの昆虫の元素の腕時計を付けますとよくて、自分でいっぱいの動力とポジティブエネルギーを加えるため。

軽やかに舞うチョウ

チョウの自身はすぐ美しいシンボルで、たこのに脱皮して更に深い哲理に含むようにあったためです。そのため、チョウはとっくに芸術家達の霊感の繆これになって、ずっと1グラムの上品な宝(Van Cleef & Arpels)、2016ジュネーブの時計展(SIHH)の上で、VanCleef に大自然をしを霊感の古代インドにします&Arpelsは非常の詩情のチョウの腕時計を持ってきて、それぞれLady Nuit des Papillons腕時計とLady Arpels Ronde des Papillons腕時計です。

Lady Nuit des Papillons腕時計、最大の輝点はあって、上層はダイヤモンドの雪片で下層とカラーの宝石の漸進的変化の象眼したのが回転することができる時計の文字盤の間の形成する色の変化の効果で透かし彫りの時計の文字盤を象眼します。このような見事な変化は古代インドのグラムの上品な宝の独占で研究開発する12時間のモジュールが手動で鎖のチップに行くおかげで、12時間の回転台のチップの駆動のもとで、最高の層の透かし彫りの時計の文字盤下の回転する時計の文字盤、毎日は完全に2度回転して、画面いつまでも繰り返します。

Lady Arpels Ronde des Papillons腕時計、この腕時計の最大の特徴の場所はあって、ブランドは変速の分針を逆なのと時間特製に跳んで時モジュールを現して合金のワシと小型の彩色上絵などを結んで技術を飾って、顔立ちにチョウとツバメの2の大きい主役をめぐらせて、伝統を行かないで順時計方向の方向の運行するいつもの論調によってただポインターだけに頼って、あのようなは再度人に感じてつけさせる時一般のものとは異なりまたとても思う画面の思う満足があります。時計の文字盤の上に3匹の色の入り乱れているチョウがいて、空中と浮き雲で軽やかに舞って、分針のリズムが雲の間でぐるぐる回りに従って、時計の針は象徴する楽しみのツバメの旋回する空の果てに伴います。