最高腕時計のショッピングNavigation

ティソ時代史:腕時計販売王者160年の隆盛の道

Written on 04/20/2017   By   in ショッピング情報

ティソ年近く売り上げ350万枚、基本的にはswatch以外には最高のスイスブランド。その価格の位置付けが親民だが、では販売金額にじゅう億突破スイスフラン(2012年)、追ってロレックス、オメガ、カルティエ、ロンジン、パテックフィリップの後で6位位は、その名に恥じないで端の王。
ティソ名姓は創始者、Charles-F E licien TissotとCharles -はmile Tissot親子は1853年時計工業地帯力でロク創設タブ工場は、世界初の大量生産できる懐中時計のタブ企業。ブランド創設当初から工業工業化の組み立ての道を歩いていった。オメガブランドではLouis Brandt 1848年創設に引いて紹徳通(後にビル)、ここと力でロックは双小さな城、2つの企業になるじゅうく世紀後半の懐中時計量産のパイオニア双子の星。
1925年、ティソとオメガは合併、そして、連袂の協力表には。上図は例の時計がモデルとしては、同時に表記オメガとティソ印の表の存世希少なのは現在欧米腕時計収蔵界独特のホットな部類。1930年、両社の国有銀行と政府の資本を導入SSIHグループが設立し、徐々に買収時計業の上下流の中小企業。ティソ、合併後は試みの素材と技術革新、1930年制作出世界首枚機能を備えた耐磁腕時計(下)、1971年に作られ、初の使用エンジニアリングプラスチックの表のIDEA。