最高腕時計のショッピングNavigation

廊下の腰缦回、檐牙高を突き、腕時計の上の建築美学(3)

Written on 03/31/2017   By   in ショッピング情報

建物の美しさ、美しさと言ったら、山や川は大自然の入神のわざであれば、経典建築は人間は地球に殘した印は、それだけで私たちに与えた直感的な視覚の衝撃、深い文化の意味もある。それらを通じて、我々だけが理解できるように当時の建築芸術を感じることもできる当時の文化背景と時代の風貌を通じて、甚だしきに至っては建築にまだらや瑠璃に戻って、あの戦火や繁栄の年代。古典的な建築は時の思い出を殘して、腕時計として時間の精霊と建築の結合は犬が西向きや尾は東、次に私達は引き続き鑑賞腕時計の上の建築美学。
ルーブル美術館は世界で最も古くて、最大、最も有名な博物館の一つ、それは、パリ都心のセーヌ河北岸では、有名な世界の三宝ミロのビーナス、モナリザ油絵と勝利の女神の彫刻もこれに収蔵されて。ルーブル美術館の建設はじゅうに世紀末には、本として保管して王室の財宝と武器で、じゅうよん世紀法王チャーリー五世王宮ルーブルを移す。その後ルーブルはルイ14世時期やナポレオン時期を2回の拡張、それを目撃したフランスの数百年の歳月は、フランス建築芸術の結晶。