最高腕時計のショッピングNavigation

廊下の腰缦回、檐牙高を突き、腕時計の上の建物の美しさ(1)

Written on 03/31/2017   By   in 時計相場

建物は人々の生活の基礎で、同時に1つの都市の歴史、それだけでは「不安が広い建物千万の間、大避尽くし笑顔が映った天下貧乏紳士」の実用的な価値の生命力により、それは時代の瞬間の完璧に駐留して歳月が過ぎて、経典の建築は終始そびえ立って、を僕らが殘した時のシルエットに属する。古典的な建築人知と創造力の結晶で、それが含まれている文明と文化、それらは傲然として独立の姿を見せるこの衆人より一段優れている、独立独歩の芸術の魅力を、私たちは観光の名所旧跡にたたずむ気力がみなぎった建物前に、己はそんなに小さく見えるから。我々タッチだらけの跡の壁、感じた歳月の積み重ねに強力な衝撃;私達に身を魅力的なラインの中間に入るのは、心から現代文明の衝撃、建築は影踏むばかりだが、その美しさは千年を超えて。
時計も立体構造をイデオロギーものので、それと同じ立体的な建築は一対のコントラストが、それらは自分の体の枠組みを支えに隠しを含め、は、外観が展示されている別のデザイン誌向と審美の情趣。建築と時計の融合は、2種の技術と芸術のベクトルオーバーレイでたたずむも高くそびえるの歴史の遺跡に向けて時計の魅力は正確に時計てこれらの経典の建物で、この時間と空間の衝突の中で、時計の音声が響いた経典建築のすべての隅。