最高腕時計のショッピングNavigation

廊下の腰缦回、檐牙高を突き、腕時計の上の建築美学(二)

Written on 03/31/2017   By   in ショッピング情報

古典的な建築は水のように時の洗礼の中に殘っているのは、自分をページを語ることを取り巻く時代の影のように、それはまた1本の絵筆をスケッチして、私達は最も真実のかつて、私たちに入って来るそれに地を易うれば皆然り感じ喧騒暦の歴史の中での繁栄と紛争。事実上、建物の美しさだけではなく、それ自体、さらにはそれの役は歴史の中での意味や、あれらの高い1時の美学の芸術の身。
そして腕時計の上の建築美学にとらわれたりだけでなく描き出す雕や建築の様式モデリングなど直感的な表現で、さらにそれらは建築デザインの特徴を土台に、時の方法は建築元素に吹き替えに達している建築と腕時計の完璧な融合。前者はが感じられ経典の建物の全体の美しさを味わって、あれらの過ぎ去った文明の繁栄と輝き、後者はもっと感じその時空を越えての芸術スタイルや、かつては人が愛した美しい表現手法。ついて建築設計と腕時計の装飾芸術スタイルの結合よりも、スイスの美度腕時計、2012年、スイス美度表「霊感創造永遠”ブランドの神髄、経典から建築霊感を汲み取って、創作した一連の建築腕時計が展示された美度理解の建築美学。