最高腕時計のショッピングNavigation

腕時計業覇者スウォッチグループ紹介(中)

Written on 03/30/2017   By   in 時計相場

時55歳のNicholasプログラムを通じてHayek私有化や再編がコントロールSMH(スウォッチグループの前身)時、1983年の世界の腕時計市場で劇的に変化し、日本からのカシオ、シチズンなどのメーカーは、手頃な価格、活発な造形、革新の計画にているように世界を席巻。そしてスイスの伝統的な機械製造工業は表に衝撃を受け、業界全体の従業員から1970年のきゅう、く万人にまで減ってないさん万人、タブ企業から家まで減少1600数600以上の家、全業界の輸出額はほとんどが半減、グローバルに時計の数量の市場占有率を下げたことから50%超15%。この時Hayekも深く考えてどうを設立したばかりのSMH会社の業務が底を引き出す。彼の答えは1項出して直接と日本のライバルの低コスト、技術がずば抜けて、芸術スタイルの新製品が心を打つ。当時SMHグループ傘下のエタ会社総裁Ernst Thomkeに連れられていくつかの若いタブ細工師の構想をHayek現実となり、第一枚Swatch(Hayek構想では、この製品の名称は「第二の腕時計」の略)登場。ジュネーヴスウォッチ博物館でのは当時の時計を第一(下図の中間の腕時計、番号GN701)。