最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2017年3月31日

廊下の腰缦回、檐牙高を突き、腕時計の上の建築美学(3)

建物の美しさ、美しさと言ったら、山や川は大自然の入神のわざであれば、経典建築は人間は地球に殘した印は、それだけで私たちに与えた直感的な視覚の衝撃、深い文化の意味もある。それらを通じて、我々だけが理解できるように当時の建築芸術を感じることもできる当時の文化背景と時代の風貌を通じて、甚だしきに至っては建築にまだらや瑠璃に戻って、あの戦火や繁栄の年代。古典的な建築は時の思い出を殘して、腕時計として時間の精霊と建築の結合は犬が西向きや尾は東、次に私達は引き続き鑑賞腕時計の上の建築美学。
ルーブル美術館は世界で最も古くて、最大、最も有名な博物館の一つ、それは、パリ都心のセーヌ河北岸では、有名な世界の三宝ミロのビーナス、モナリザ油絵と勝利の女神の彫刻もこれに収蔵されて。ルーブル美術館の建設はじゅうに世紀末には、本として保管して王室の財宝と武器で、じゅうよん世紀法王チャーリー五世王宮ルーブルを移す。その後ルーブルはルイ14世時期やナポレオン時期を2回の拡張、それを目撃したフランスの数百年の歳月は、フランス建築芸術の結晶。

03/31/2017     0 Comments

廊下の腰缦回、檐牙高を突き、腕時計の上の建物の美しさ(1)

建物は人々の生活の基礎で、同時に1つの都市の歴史、それだけでは「不安が広い建物千万の間、大避尽くし笑顔が映った天下貧乏紳士」の実用的な価値の生命力により、それは時代の瞬間の完璧に駐留して歳月が過ぎて、経典の建築は終始そびえ立って、を僕らが殘した時のシルエットに属する。古典的な建築人知と創造力の結晶で、それが含まれている文明と文化、それらは傲然として独立の姿を見せるこの衆人より一段優れている、独立独歩の芸術の魅力を、私たちは観光の名所旧跡にたたずむ気力がみなぎった建物前に、己はそんなに小さく見えるから。我々タッチだらけの跡の壁、感じた歳月の積み重ねに強力な衝撃;私達に身を魅力的なラインの中間に入るのは、心から現代文明の衝撃、建築は影踏むばかりだが、その美しさは千年を超えて。
時計も立体構造をイデオロギーものので、それと同じ立体的な建築は一対のコントラストが、それらは自分の体の枠組みを支えに隠しを含め、は、外観が展示されている別のデザイン誌向と審美の情趣。建築と時計の融合は、2種の技術と芸術のベクトルオーバーレイでたたずむも高くそびえるの歴史の遺跡に向けて時計の魅力は正確に時計てこれらの経典の建物で、この時間と空間の衝突の中で、時計の音声が響いた経典建築のすべての隅。

    0 Comments

廊下の腰缦回、檐牙高を突き、腕時計の上の建築美学(二)

古典的な建築は水のように時の洗礼の中に殘っているのは、自分をページを語ることを取り巻く時代の影のように、それはまた1本の絵筆をスケッチして、私達は最も真実のかつて、私たちに入って来るそれに地を易うれば皆然り感じ喧騒暦の歴史の中での繁栄と紛争。事実上、建物の美しさだけではなく、それ自体、さらにはそれの役は歴史の中での意味や、あれらの高い1時の美学の芸術の身。
そして腕時計の上の建築美学にとらわれたりだけでなく描き出す雕や建築の様式モデリングなど直感的な表現で、さらにそれらは建築デザインの特徴を土台に、時の方法は建築元素に吹き替えに達している建築と腕時計の完璧な融合。前者はが感じられ経典の建物の全体の美しさを味わって、あれらの過ぎ去った文明の繁栄と輝き、後者はもっと感じその時空を越えての芸術スタイルや、かつては人が愛した美しい表現手法。ついて建築設計と腕時計の装飾芸術スタイルの結合よりも、スイスの美度腕時計、2012年、スイス美度表「霊感創造永遠”ブランドの神髄、経典から建築霊感を汲み取って、創作した一連の建築腕時計が展示された美度理解の建築美学。

    0 Comments