最高腕時計のショッピングNavigation

スイス製表業のヘゲモニー地位に挑戦

Written on 12/14/2016   By   in 時計相場

今はヨーロッパ国一年に二度のセール促銷。入っジュネーヴ最大の马诺赫デパートでは、お客様はあまり多く発見。しかし、地下1階のいくつかの売り場は千客万来だっ。ここはスイスブランドの時計の売り場で、商家が大幅に大きな割引活動をし、最高割引は50 %に達することができました。
商家「旗鼓」
関係者によると、スイスはこのように大きい割引が昔から非常に珍しいということだ。スイスの時計のローエンド製品は国際市場で多くの強力な相手の競争を受けて、すでにだんだん優位になって、商家、商家の割引もやむを得ない“旗鼓”になって。
よんしよ世紀の営みを経て、スイスタブ業、世界市場の指導者、スイス表に優質製品の代名詞。しかし、上世紀の70年代、スイスの製表業も、一線を懸生死の時。当時、日本の安価な電子時計の衝撃、その業界は、労働の産業再建、1984年、3分の2の仕事が削減され、従業員数は元の9万人が4万人に減少した。スウォッチ時計の出現が穀間の業界に新たな活力を注入し、その価格は安くて、外形のファッション、豊富な色彩、作り方がすぐれて、サービスが人気。現在スウォッチグループは持ってじゅうはちブランド傘下のように、を持ってオメガという老舗、に万人の従業員が多くの国でごじゅう分布。