最高腕時計のショッピングNavigation

複雑工芸の腕時計機械は雄の魅力を表出して

Written on 10/24/2016   By   in 時計相場

一般的に、借りて、と回転面盤結合より現れた機能を備え、もちろん自身も「回転」の特性は良くて、像は陀はずみ車やカルーソ。まず陀はずみ車やカルーソは設計によく作露出式のが現れて、次にこの2種類の装置はすべてを包むはどんどん回転のフレームの中に運転を回転の枠と他のデザインが結合して、非常に多くの可能性を生むことができます。
比較的よく知られた例はアテネ表(Ulysse Nardin)のFreak、この非常に論争性の腕時計、そのデザインコンセプトはバネボックス以外の整個持って針をぐるぐる腕時計ムーブメントとして運行し、負荷ギア係や逃げ係の面盤は隠してその下の巨大なバネボックスドライバは、逃げ係までギア係の週波数はフィードバック制御ギア係全体の運転速率を達成させながらも、逃げ係回転の目的は、陀はずみ車のように相殺逃げシステムが受ける単方向重力の影響。何の角度から見ると、Freak腕時計は時計の史の上では記に1筆の革命的デザインであっても、初期、ムーブメントエネルギー大が効能不安定な問題が、その後で逃げ係に新素材を使ってみて、すでにが大幅に下がって逃げ係のエネルギー、昇格した安定性と機能表現、また専門分野の中でケイ素素材にもなって表運用の先駆者、甚だしきに至っては2010年には「陀はずみ車の代わりに双方向逃げシステムによって、このFreak Diavoloになっ名は体を表す陀フライホイールとカルーソ合体ハーフの魔王。
また1項の同じ結合陀はずみ車や回転面盤デザイン、同時に発売になってヒットした作品はブレゲ時計(Breguet)の5347双回転陀のはずみ車の腕時計TwinRotating Tourbillon。結局ブレゲ陀はずみ車装置としての発明者、陀はずみ車装置にもかなり合理的でいくらかのアイデア。この項の双回転陀フライホイールある程度と言えることができる伝承ブレゲ大師を提供時計より正確安定運転のために発明陀はずみ車装置の当初の2つの独立を通してまた歩き回って公転自転の陀はずみ車装置動作週波数をダブル補正を得た還元腕時計としての平均週波数動作週波数、「理論的に向上できる表現」は腕の2倍の精密度。デザインでは、腕時計の双回転陀フライホイール逃げ構造は一面の回転面盤に宿る、かつ、個別のトレーンドライバは、2つの陀はずみ車装置の枢軸透過独特な構造から中央回転面盤及び连結時間表示メカニズムは、二人の陀はずみ車の平均週波数リレー回ムーブメントで回転面盤を公転の双陀はずみ車駆動下でじゅうに時間サイクル運転のため、二人を繋ぐ陀はずみ車のバーとしても伸び指示時間の針。