最高腕時計のショッピングNavigation

モンブラン「真夜中」デジタル映画に現れニューヨーク計画

Written on 10/17/2016   By   in ショッピング情報

ニールセン・マンデラ氏を祝うために敬意を表する「真夜中Midnight Moment:デジタル映画展」計画、先日行われたニューヨークで1度の新境地のディナー招待してハリウッドスターロバート・・できる(さあ、ロバートのNiro)、有名プロデューサージェーン・ローソン黛尔(ジェーンRosenthal)、その夫クレイグ・哈さげまん(Craig Hatkoff)や、マンデラ氏の2位に親指大ダナ巴(Ndaba)と奎库(Kweku)マンデラ共に助け合いに参加、この場で晩餐会特別选を望むことができるニューヨーク時代広場のR-Loungeで行われ、来賓が巨大なフランス窓から見下ろす時代広場の景色を鑒賞して、モンブラン「真夜中」計画に出てその時代広場で数え切れない大小の電子スクリーンに、一瞬にもともと人の広告には眼花撩乱ネオン、一幕一幕を「文字の力としては、文字によって、力のある文字と力の美を織りなしている。
モンブラン「真夜中」は一つの招待民衆同期参加の創意髪計画、毎晩午前十二時3分前、ニューヨーク時代広場放送が特別に制作した映画。この活動は今年度の「モンブランにしてSignatureためグッド」計画の一部を目指し、国連児童基金と協力を推進アフリカ、アジア、南アメリカ大陸の奨学プログラム。「文字の力」は、モンブラン「真夜中」計画に心をこめて撮影した映像は、映画の収録、南アフリカの前大統領のノーベル平和賞受賞者ニールセン・マンデラ(Nelson Mandela)の文字は、そして彼に出した平和ビジョンに敬意を表する。ニールセン・マンデラは二十世紀最も人に慕う人権リーダーの一つである。彼は犠牲の献身、自らを解放人民、この株式の精神世界各地の人権啓発の提唱者。