最高腕時計のショッピングNavigation

【時計の名作を知る】プロでも悩む時計!ブレゲの銘品「アエロナバル」

Written on 09/22/2016   By   in ショッピング情報

人は格付けをすることが好きなのかもしれません。時計業界にも「雲上ブランド」と呼ばれる時計ブランドがあります。一般的な時計メーカーが競争している状況から一線を画し、「雲の上から」見ているような立ち位置にあるメーカーのことを指します。歴史的な立ち位置、品格、そして自らの矜持を保つかのようにこだわり抜いた品質は他のメーカーを凌駕します。

どのブランドが雲上ブランドなのかは様々な意見があります。多くの人は「パテック・フィリップ」「オーデマ・ピゲ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」の名前を挙げています。そこに続く名前としてしばしば登場するのが「ブレゲ」です。「時計の歴史を200年早めた」と言われる天才時計師アブラアン=ルイ・ブレゲを創始者に持つ時計ブランドです。そのブレゲのラインナップに「タイプXX アエロナバル」(以下「アエロナバル」)という時計があります。ロレックス、オメガ、タグホイヤー、ブライトリング、IWCといった高級時計を所有している方が、次のステージの時計を求める際によく候補に挙がるモデルです。

このモデルを購入したい方からよく「革バンドかメタルバンドかどちらのアエロナバルがおすすめですか?」と質問されることがあります。同じ時計で「革バンド」と「メタルバンド」の両方がラインナップされていることはよくありますが、通常、そのかっこよさや雰囲気の良さはどちらか一方に偏ります。しかし、アエロナバルに関しては、私たち時計スタッフはしばしば悩みます。何故ならば、革バンドのアエロナバルもメタルバンドのアエロナバルも共に素晴しい出来栄えの時計だからです。「革バンド、メタルバンドのどちらのバンドが付いても崩れないバランス感」は他の時計にはない魅力です。