最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2016年9月22日

皆さんがお持ちのロレックス、「レアロレックス」かもしれません!

ロレックスは他の有名ブランドと比べても会話の種になりそうな話題がとても多いブランドです。特にレア仕様に関しては、存在理由が解明されていない点も多く、今なお様々な議論が交わされています。また、ロレックスの細かい仕様に関する知識はとても奥が深く情報量も膨大なため、知っていると時計ツウの仲間入りができます。ではなぜ異なる仕様があるのでしょうか?下で一般的に言われている理由を挙げてみます。

<異なる仕様が発生する理由>
・ロレックス社に部品を供給している下請け企業の違い
・出荷国・地域での違い(アジア・ヨーロッパなど)
・年代による細かな仕様変更
・ロレックス社の販売戦略

これらの要因によって、通常とは異なる仕様の個体が流通すると言われていますが、真相は闇の中です。逆にこの不透明さこそが、ロレックスの魅力の一つとも言えるのではないでしょうか。

それでは、代表的な「レア仕様」を紹介します。「ポールニューマン」や「赤サブ」など超が付くほど有名なモデルであれば、持っている方はそのレア度を認識していると思います。ただ、それらより少し知名度が落ちる「比較的レアな仕様」に関しては、所有する方もそのレア度さに気付いていない可能性があります。今回は、その「比較的レアな仕様」を中心に紹介いたします。

09/22/2016     0 Comments

時計選びのときに知っておきたい!「マニュファクチュール」と「エタブリスール」という時計用語

時計業界用語としてしばしば登場する「マニュファクチュール」という言葉は「自社一貫生産」という意味です。厳密にとらえるのであれば、ケースやムーブメントはもちろんネジ1本1本に至るまで全て自社で製造しているという事です。しかし、ここまで厳密に定義する場合は少なく、実際は「外装のデザインだけでなくムーブメントも自社で製造している」という意味で使うことが一般的です。マニュファクチュールの生産スタイルをとるメリットは独自性が発揮できることです。例えば「リューズの位置が変わった場所にあるデザインの時計を作りたい」と考えた場合、一般的なムーブメントを採用するのでは実現できません。ムーブメントから設計する必要があります。この場合でも、マニュファクチュールであれば対応できます。しかし、こだわった作りを実現できる反面、価格が上がってしまうというデメリットもあります。

この対極にあるのが「エタブリスール」という用語です。これは自社の力だけで時計作りをするのではなく、ムーブメントや部品を他メーカーから仕入れて組み立てるという製造スタイルを指します。「餅は餅屋」ということわざもあるように、部品やムーブメントの製造は得意なメーカーに頼ったほうが効率が良いという考え方です。エタブリスールは「分業体制」とも言えますので、標準的な仕様の製品作りに向いています。そのため、マニュファクチュールのように独自性を発揮することは難しくなりますが、価格を抑えた製品作りが可能になります。

    0 Comments

【時計の名作を知る】プロでも悩む時計!ブレゲの銘品「アエロナバル」

人は格付けをすることが好きなのかもしれません。時計業界にも「雲上ブランド」と呼ばれる時計ブランドがあります。一般的な時計メーカーが競争している状況から一線を画し、「雲の上から」見ているような立ち位置にあるメーカーのことを指します。歴史的な立ち位置、品格、そして自らの矜持を保つかのようにこだわり抜いた品質は他のメーカーを凌駕します。

どのブランドが雲上ブランドなのかは様々な意見があります。多くの人は「パテック・フィリップ」「オーデマ・ピゲ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」の名前を挙げています。そこに続く名前としてしばしば登場するのが「ブレゲ」です。「時計の歴史を200年早めた」と言われる天才時計師アブラアン=ルイ・ブレゲを創始者に持つ時計ブランドです。そのブレゲのラインナップに「タイプXX アエロナバル」(以下「アエロナバル」)という時計があります。ロレックス、オメガ、タグホイヤー、ブライトリング、IWCといった高級時計を所有している方が、次のステージの時計を求める際によく候補に挙がるモデルです。

このモデルを購入したい方からよく「革バンドかメタルバンドかどちらのアエロナバルがおすすめですか?」と質問されることがあります。同じ時計で「革バンド」と「メタルバンド」の両方がラインナップされていることはよくありますが、通常、そのかっこよさや雰囲気の良さはどちらか一方に偏ります。しかし、アエロナバルに関しては、私たち時計スタッフはしばしば悩みます。何故ならば、革バンドのアエロナバルもメタルバンドのアエロナバルも共に素晴しい出来栄えの時計だからです。「革バンド、メタルバンドのどちらのバンドが付いても崩れないバランス感」は他の時計にはない魅力です。

    0 Comments