最高腕時計のショッピングNavigation

日: 2016年8月9日

無数のウォッチメゾン達がひしめき合う時計業界におい

もMontres Passion誌が選ぶ “2014ウォッチ・オブ・ザ・イヤー”で、ピアジェの世界最薄機械式ウォッチ、ピアジェ アルティプラノ 38mm 900Pが最優秀賞に選ばれるなど、これまでにも多数の栄誉に輝いています。

来る2015年のSIHHにおいて、そんなピアジェのフラッグシップたるアルティプラノ・コレクションに、機械式クロノグラフが追加されます。

このアルティプラノ・クロノグラフは、ケース径41ミリに対してケースの厚さが僅か8.24ミリという、市販品として世界最薄のクロノグラフ・ウォッチという称号を持っての登場ということで、正式なお披露目を前に、早くも世界中のメディアの注目を集めています。

アルティプラノ・コレクションらしいシンプルでモダンなデザインのシルバー文字盤に黒い針やインデックスはコントラストが高く、各エレメントが細い線で構成されているにもかかわらず、高い視認性が確保されています。

08/09/2016     0 Comments

ブライトリングの象徴的な存在として広く知られるナビタイマー

1952年、アビエーションウォッチとして考案された歴史的なナビタイマー Ref. 806 は、ダイヤル外周のフランジ部や風防と一体化したベゼルが回転し、2本の対数スケールを組み合わせる事で乗除計算を可能とする回転計算尺を搭載。これにアビエーションに有用な換算機能と、アワーレジスターを含む3カウンターのクロノグラフを組み合わせたものであり、その顔は精密感に溢れながら、使い慣れれば慣れる程に、一切の無駄を省いたシンプルで機能的なものである事に気付かされ、60年以上も前に作られたその原型が、いかに優れたものであったかを思い知らされる、まさに傑作と呼ぶに相応しいもの。

クロノグラフの熱心な愛好家でもある松本零士氏が描いてきた、珠玉のSF作品の数々に登場するスペースシップの計器類には、ナビタイマーの精密なダイヤルにインスピレーションを得たものも多いと言われていますが、そんな精密な計器へのあこがれを見事に体現したのがナビタイマーであると言う事もできるでしょう。

    0 Comments

自社開発の全く新しい素材をケースに採用しており

ひたすらに無骨で巨大で男性的なコレクションばかりが並ぶブライトリングのアベンジャーに、更なる強い個性が加わりました。

圧倒的存在感を放つ、その50ミリ径の巨大なブラックのアベンジャーは、さすがに身につける人を選ぶのではないかと思えます。

しかしこのモデルは、今回初のお披露目となるBREITLIGHT(ブライトライト)という商標を持つ、自社開発の全く新しい素材をケースに採用しており、筆者自身、まだ実際に手に取ったことは有りませんが、見た目を裏切るほどの軽さと、計算された重量バランスによって、快適な装着感を持っているに違いないと考えています。

    0 Comments