最高腕時計のショッピングNavigation

振動数10Hzの世界初の機械式クロノグラフ

Written on 07/01/2016   By   in ショッピング情報

1940年代には航空クロノグラフを世に送り出し、その完成度の高さからフランス海軍航空部隊の要請を受け、1960年に同部隊に納品された傑作がブレゲ タイプXXだ。このタイプXXは、いち早くフライバック機能を搭載。動作中にリセットボタンを押せば、ただちに針が0位置にもどって計測を再開するというもので、飛行中の連続した時間計測に非常に便利だったといわれる。

そして1990年代になって、タイプXX アエロナバル、タイプXX トランスアトランティックをリリース。2004年には一部、インダイヤルの機能を変更したタイプXXI(トゥエンティワン)を発表している。

Breguet|ブレゲ2
そんな、ブレゲにとって特別な響きをもつクロノグラフを、より現代的なデザインと最新技術でリニューアルした、タイプXXIIが発売されることになった。

直径44mmのステンレススティール製ケースに収められるのは、クロノグラフムーブメントをはじめ、シリコン製脱進機と、優れた調整能力をムーブメントに与える10Hz(毎時72,000振動)にまで高められたシリコン製のひらひげゼンマイ。クロノ秒針は30秒で1回転する。この新技術によって、測定開始機能と計測値は2倍も正確に。シリコン素材の採用が大きく寄与しており、可動部品の軽量化実現と同時に、高振動によって生じる潤滑問題も解消された。