最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2016年7月30日

凍ることで永遠の命を与えられた花々

ユークス・ドットコムとのコラボレーションが実現したデルフィナ・デレトレズ。フェンディ家の4代目として1987年にローマに生まれ、シャネルでの勤務を経て2007年にパリのセレクトショップ「コレット」で初のジュエリーコレクションを発表するなど、はやくからその才能を開花させた。

そんな彼女のコレクションは、“オーガニック(生物)”と“幾何学”のミックスをシグネチャーに、情熱、旅、夢など、デルフィナ自身を象徴するものからつくられているのが特徴。今回のコレクションでも例外ではなく、彼女がウィンターガーデンを散歩しながらインスピレーションを得たといい、氷のようなレジン(樹脂)のなかに花や昆虫が閉じ込められるなど、斬新でグラマラスなものに仕上がった。
アイテムはリングやブレスレット、ネックレス、イヤリング、ブローチなどを展開。凍った花々で彩られている庭園のようなコレクションは、冬と春の絶妙なバランスのなかで、ぴったりと時を止めている。

また、この世界観を垣間見られるショートフィルム『Black Gold』も制作。アメリカ人ディレクターであり、ストップモーション・アニメーターとして活躍するPESと組み、繊細な花や昆虫が想像上の風景のなかでのびのびと動くさまをシュールに描き、コレクションに息吹きを与えた。

「自然とはもっとも高価なジュエリーなのです。少女時代に誰もが纏う始めてのジュエリーは、デイジーの花冠。今回のコレクションは自然や幼少期に遡り、過去からつながる未来のアイテムを纏うものです」と語るデルフィナ・デレトレズ。まるで現代の化石のように時を止めた花や虫たち。凍ることで永遠の命が与えられた、情感豊かなコレクションが完成した。

07/30/2016     0 Comments

ミニマルな背景で素材感と色を際立たせる

ルイ・ヴィトン ウィメンズ・コレクションのあらたなアーティスティック・ディレクターに就任したニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)。期待される彼の初となるウィメンズ・コレクションは今年の3月、パリで発表された。ショーとともに、ルイ・ヴィトンは著名なファッション写真家ユルゲン・テラーを起用し、全12ルックで構成したルックブック「A Dozen Girls」を公開した。

ドイツ出身のユルゲン・テラーは、世界中でグルーブ展や個展を開いている、ファッションフォトグラファとーして著名な存在。さまざまなメゾンの広告ビジュアルを手掛け、雑誌では『W Magazine』『i-D』など、いま最もクールなファッション誌で活躍している。挑発的で大胆な広告作品から、被写体の自然な姿を引き出したファミリー ポートレートまで、幅広い表現力を備えた写真家だ。

    0 Comments

従来の時計展示とはかけ離れたディスプレイも必見

高感度なセレクトショップに特化した、ファッションに近くてもっとクリエイティブな時計をつくろうと、2007年にスウェーデン出身の時計愛好家4人によって立ち上げられたトリワ。ウォッチ業界の体質に風穴を開け、変革を起こすようなブランドをつくりたいというおもいから、「Transforming the Industry of Watches(時計業界に革新を起こす)」の頭文字をとって「TRIWA」と名づけられた。

現代的なデザイン性溢れ、品質の高さを備えた時計は、本国スウェーデンで人気に火がつき、アメリカやヨーロッパ各地でも広く知られる存在に。アーティストのカニエ・ウェストやスウェーデンのマデレーン王女が愛用していることでも知られている。

その人気の秘密は、オリジナリティを追求した素材やデザイン。オーガニックレザーを使ったベルトや、医療用にもちいられる美しい光沢のスチールを使い、細部にまでこだわったクリエイティブなデザインがケースに、そしてベルトに反映されている。

今回、エストネーションでは時計とサングラスを展開。また、従来の時計展示とはかけ離れたディスプレイが繰り広げられるというから見逃せない。

クリエイティブで自由なライフスタイルを送るひとたちのために生み出された革新的なウォッチ。そのこだわりと、洗練された遊び心のあるデザインをぜひエストネーションで確かめてほしい。

    0 Comments