最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2016年7月28日

東京オリンピックでのオフィシャルタイムキーパーに決定

オメガは、1932年のロサンゼルス大会で初の公式時計をつとめて以来、オリンピックで最多数のオフィシャルタイムキーパーを担当。東京大会で、通算29回目になるという。今回の、東京での開催の決定を受け「東京に決定したことを日本の皆様とお祝いさせていただきます」との、コメントを発表した。

東京での2度目の開催となる2020年の東京オリンピックでは、水泳やサッカー、陸上競技など、あらゆるシーンでオメガの時計がもちいられる。

人間の限界に挑む世界のトップアスリートたちの記録、試合を時計でサポートするオメガ。東京大会ではどのような大記録が刻まれるのか、そして、どのようなドラマが繰り広げられるのか。世界最大のスポーツの祭典の開催を、いまから心待ちにしたい。

07/28/2016     0 Comments

時計の真髄を堪能できる両面フルスケルトンモデル誕生

「ティソ T-コンプリカシオン スケレッテ」は、車輪のデザインにインスパイアされた、モダニティとクラフトマンシップが融合したモデル。両面フルスケルトンのサファイアクリスタルガラスから、車輪を支える5本のスポークが伸び、ケースサイドを直角にすることで伝統的な装飾様式にモダンさを宿した。大胆なスケルトンデザインは、ティソの妥協のないウオッチメイキング技術が存分に楽しめる仕上がり。

43mmのフェイスのなかで、大ぶりのブルースクリューと美しい脱進機、ゴールドでロゴの刻まれたセカンドカウンター、ルビーとブルーハンドがダイナミックに絡み合い、時計の真髄であるムーブメントがひとときのぶれもなく時を刻む姿に思わず魅了されてしまう。

また、クロコダイルの型押しをほどこしたブラックレザーストラップを採用することで、エレガンスウオッチとしての風格も漂わせる。

時を刻むツールでありながら、時間を確かめるたびにその美しく複雑な動きに魅了され、日常からのエスケープをかなえる「ティソ T-コンプリカシオン スケレッテ」。9月より発売されるので、ぜひ手に取ってその完成度の高さを確かめてほしい。

    0 Comments

機能美と造形美をあわせもったニーシングのジュエリー

バウハウスの流れを汲むミニマルデザインが特徴のニーシングのジュエリーは、ブランドを代表する「ザ・ニーシングリング」と、シンプルで研ぎ澄まされたデザインの「ウェディングリング」、自由な発想から生まれる、ネックレスを中心とした「ジュエリーライン」と、コンテンポラリーなデザインをリーズナブルな価格で楽しめる「スティールライン」から構成されている。

今回移転・リニューアルオープンした「ニーシング東京」は、上記のブライダルからファッションまで、ニーシングのフルラインナップにくわえて、ザ・ニーシングリング オーラの新作などもいち早く展開する。

ニーシング|新ショップ 02
シンプルななかに温かみを感じさせるインテリアデザインにも注目

ドイツ本国のショップコンセプトに基づき、白を基調とした空間に、天然素材を使用した壁やインテリアを使用したショップのデザインを手がけたのは、世界的なデザイン賞“レッド・ドッド・デザイン・アワード”など数々の賞を受賞した新進気鋭のデザインユニット「ドレイフォーム」。

    0 Comments