最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2016年7月22日

ブレゲを愛するOPENERS読者が集った特別な夜

会場にはフランス航空界のパイオニア、ブレゲ5代目であるルイ‐シャルル・ブレゲの栄光の軌跡を展示。ブレゲと海軍とのかかわりのはじまりを語る1800年代に製作された航海用精密時計=マリン・クロノメーターから、1950年代の海軍パイロット用ポケットウォッチやダッシュボードウォッチなど、フランス海軍航空隊「アエロナバル」とゆかりの深いミュージアムピースを多数特別展示。また2010年に登場した、振動数72,000/時(10Hz)を実現した世界初の機械式クロノグラフ「タイプXXII (トゥエンティ トゥ)」も展示された。その「振動数10Hz(ヘルツ)」をフィーチャーしたコーナーを設置し、今年1月にジュネーブにて開催された「10Hz Exhibition」の会場を再現している。これは来場者が振動数10Hzという技術について知識を深めることを目的としたもので、この技術が時計製作の世界にもたらす数かずの利点について知ることができる。

当日は、DJ/プロデューサーとして国内外で活躍しているFMP田中知之氏によるDJで来場者をお出迎え。

ブレゲの愛用者でもある田中氏と、OPENERS編集長山口幸一とのトークショーもおこなわれた。田中氏のブレゲに対する思いなどを、シャンパングラスを傾けながら会場の人びとは聞き入っていた。

ブレゲ イン ザ スカイ – タイプXX (トゥエンティ) エキシビションは、6月28日まで開催されている。クロノグラフのパイオニアであると同時に、空のパイオニアでもあったブレゲ。その歴史と世界観、そして最新モデルの技術革新の魅力を、東京の空をじっくりと見わたせる会場「シテ・ドゥ・タン ギンザ」にて、ぜひ堪能してみたらいかがだろう。

07/22/2016     0 Comments

32色のイルミネーションがあなたの腕を鮮やかに彩る

ジェイコブ初のデジタルモデルとして登場した、新生ファイブタームゾーンウォッチ「G5シリーズ」のなかでももっとも大胆不敵でファンタジックなモデル。32色のグラデーション表示でのLEDによる華やかな輝きは圧巻。なおベゼルは取り外し可能な構造になっており、写真のブリリアントカットダイヤモンドをセットしたベゼルのほかに、蓄光素材を使った交換用ベゼルが付属。着け換えて楽しむこともできる。

クォーツ、直径47mmのステンレススティールケース、ダイヤモンドベゼル、アリゲーターストラップ、30m防水、214万2000円(予価)。今秋発売予定。

    0 Comments

ファイブ・タイムゾーンの新コレクションを発表!

今年2011年の最大のトピックスは,ブランドのアイコンである「ファイブ・タイムゾーン・コレクション」の再解釈ともいえる5角形ケースのあたらしい5タイムゾーンの新作「G5シリーズ」。これは「グランド」「グローバル」「ゴースト」「ガレガ」という4つのコレクションで構成され、5角形ケースという点は共通だが、それ以外はデザインアプローチがまったくちがうという、ジェイコブらしいユニークなシリーズ。オリジナルのコンセプトを忠実に受け継ぐ「グローバル」をはじめ、どれも独創的で革新的なデザインだが、OPENERS読者に一番のお薦めがブランド初となるデジタルモデルの「ゴースト」コレクション。

「ゴースト(幽霊)」というネーミングどおり、ケースサイドのボタンを押すと5つの窓から東京、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、モスクワ5都市の日付と時刻が、さらに中央の円い窓からはジェイコブのロゴが“夜空に浮かぶ星や暗闇からあらわれる幽霊のように”浮かび上がる仕組みになっている。
表示色は31色ある選択肢のなかから1色を選べるほか、31色のグラデーションでの表示が可能。また表示都市を1都市のみに限定することもできる。

    0 Comments