最高腕時計のショッピングNavigation

九州男児が好む実用時計の意外な選択基準

Written on 06/27/2016   By   in 時計相場

「本当は、すべて“IWC”の新作だけでノミネートが埋まってしまうのではないかと心配しました」

木村さんのセレクト基準は「信頼性」。機械の耐久性と同時に、正確に時を刻む基本設計の精度も実用時計には不可欠であると話す。

「“IWC”は洗練されたデザイン性が優秀ですが、確かな信頼性も備わっています。ビッグ・パイロットの文字盤を白に切り替えたことも注目に値しますね。日本限定モデルの登場に、もう時計はこれ一本でいいのでは、と思ってしまったほどです」

「ブライトリング」や「ベル&ロス」など、パイロットウォッチの使用感の良さも、実用的と太鼓判。

「ボタンひとつで、すべての機能が使えるのは便利な機能。それに一般的なカレンダー時計は、カレンダーの修正をしてはいけない時間帯があったり、リュウズを逆回転して表示を調整するのはNGなど、面倒なものです。“パネライ”や“ブライトリング”は、そんな面倒な約束事を知らない機械式時計初心者が安心して使えるという点でも実用性アリと言えるのではないでしょうか」

「エドックス」や「ボーム&メルシエ」など、買いやすい価格設定のモデルも実用時計にご推薦いただいた。ちなみに九州ではここ数年ビッグフェイスの人気が継続中とか。

「男らしくて雄々しい印象がありますからね。小さい時計は、人間もなんとなくコンパクトにまとまってしまうと思われるようです。九州男児は、時計も心意気も大きいです!」