最高腕時計のショッピングNavigation

アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ

Written on 06/24/2016   By   in 時計相場

IWCが初めてダイバーズウオッチ「アクアタイマー」を手掛けたのは1967年。そのスペックは、200m防水と回転式インナーベゼルを備えた初代から本格的な仕様だった。その後、82年には2000m防水という高深度対応のチタン製ダイバーズ「オーシャン 2000」を、99年には初の機械式潜水計を搭載した「GST ディープワン」を発表。

圧倒的な技術力で、一気にダイバーズウォッチの分野のリーディングブランドとなった。そして、2004年に満を持して発表したのが、初代モデルと同じネーミングを持つ「アクアタイマー」である。

現行「アクアタイマー」のモデル名は、アクア(=水)とタイミング(=時間調節)の合成語であるだけでなく、回転式のインナーベゼルをはじめとした初代機から培ってきた技術開発を結集し、さらに発展させたことも表している。その中でも特に時計界を驚かせたのが、12気圧防水仕様の「アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ」だ。